変形性関節症でお困りの方が毎日お見えになります。

 

変形性膝関節症

変形性股関節症

変形性腰椎症

変形性頚椎症

 

なんでもかんでも変形性疾患にしているような気もしますが

とにかく変形の関節疾患でお困りの方がとても多いです。

 

神戸三宮鍼灸接骨院SORAでは変形性関節症の方の治療を得意としていますが

その前提として 関節上の変形は大きな問題ではないというもの。

 

もちろん大きな変形があって関節運動が出来ず

関節の構造(機能的)に破綻をきたしている場合もまれにありますが

レントゲンやMRIの画像所見上での変形や

軟骨のすり減りを指摘 診断されていたとしても痛みを取ることは難しいことではありません。

 

長年皆さんの人生と同じ年月 皆さんの体重を支え数えきれないほどの歩数を歩いてきた関節

新品の状態ではなく 変形は少しはあるものです。

中には生まれつきの関節の形を変形や異形として指摘されていることもあります。

 

軟骨はすり減っても痛みを出さない

この前提が無視され 痛み=関節のすり減りとして

変形部分をきれいにする再建術や 人工関節置換術が行われています。

 

必要なケースもあるでしょうし必要ではないケースもある

それが正直な意見です。

ただ多くは手術が不必要なケースも多い

そう感じます。

 

変形性関節症 一度相談の上

身体にメスを入れてください。

 

神戸三宮鍼灸接骨院SORA

膝の痛み 腰の痛み 股関節の痛み