認知行動療法ってどうやったらいいの?

 

こんにちは。

 

神戸心理療法センター 代表

 

公認心理師・臨床心理士の yuko です。

 

 

「認知行動療法がいいって聞くんですけど、

 

どうやったらいいか分からないんです。」

 

そんな声をよく耳にします。

 

 

大丈夫!!

心配ご無用ですよ~

 
 
 
これから、あなたに認知行動療法について
 
分かりやすくお伝えしてきますね!

 

 

初めての人でも簡単にできる認知行動療法

 

 

パニック症におすすめ。暴露法(エクスポージャー)

 

 

 

わたしは、神戸で心理相談室を開業しています。

 

「神戸心理療法センター」といいます(*´ω`)

 

 

 

ここでは、認知行動法の方法について分かりやすくするために、

 

架空の人物にご登場いただいて、

 

臨床場面のようにして、お届けしたいと思います。

 

 

~ ゜ 。 * ~ ♪ ~ . * ~ 。

 

 

今、初めての相談者さま(仮名A子)がこられましたよ。

 

 

A子  「初めてなんですけど、認知行動療法がいいらしい、って聞いて。

 

    どんな風にするんですか?」

 

yuko 「大丈夫ですよ。

 

    認知行動療法というのは、

 

   感情(気持ち)はどこからくるんだろう?

 

   感情は、自分の認知(考え方)から起こるんだ、

 

   という考え方なんですよ。     

 

     ところで、A子さんはどんなことが気になったり、困ったりしますか?」

 

 

A子  「わたしは、落ち込みやすくて、人の目が気になってしまいます・・・。」

 

yuko 「たとえば、どんなときに落ち込んだりしますか?」

 

A子  「そうですね・・。

 

    この前は、上司が同僚に親しそうに話をするのを見かけて、

 

    落ち込んでしまって。

 

    もう、仕事を辞めようかな、と考えています。」

 

 

yuko 「上司が同僚と話をするところを見て

 

     A子さんは、心の中で、頭の中ででもいいですけど、

 

     なにかひとりごとをつぶやきませんでしたか?

 

 

A子  「それは・・。やっぱり同僚のことがお気に入りなんだ。とか。

 
     わたしは、上司からも、みんなからも、嫌われているし、
 
     仕事もできないから、
 
     みんなの迷惑になるだけだし、
 
     仕事を辞めた方がいいに決まっている。
 
     そんなふうに思いました。」
 

感情は認知によって作られる

 

 

yuko  「認知行動療法には“ABC理論”というのがあってね。

 

    上の図をちょっと見てみましょう。

 

 Aは「客観的事実。できごと」を指します。

 

さきほどA子さんがおっしゃった、 

 

“上司と同僚が話をしていた”という部分が

 

Aの「客観的事実。できごと」にあてはまりますね。」

 

A子 「はい」

 

yuko「“親しそうに”というのは、A子さんの主観だから、

 

    ここには含まれないの。

 

誰がみてもそうだ、という客観的事実だけを取り上げて考えるね。」

 

A子 「へ~。そうなんですね。」

 

yuko「A子さんは、上司と同僚が話をしているのを見かけて(A;客観的事実)、

 

落ち込んでしまった、とおっしゃってましたね。

 

その感情の部分が、ABC理論でいうところの、

 

C(結果)に当たる部分になるわけ。」

 

A子  「はぁ。」

 

yuko「よくみなさんは、

 

上司と同僚が話しているところを見かけたから原因)、

 

落ち込んでしまった(C;結果)という

 

原因―結果というような

 

因果関係としてとらえがちなのだけど、実は・・。」

 

A子 「違うんですか?」

 

yuko「違うんです(笑)

 

この間にはね、B(認知)が関わっているの!」

 

A子 「お~!出ましたね、認知!!」

 

 

yuko「ふふ。

 

“やっぱり同僚のことがお気に入りなんだ”とか

 

“わたしは、上司からも、みんなからも嫌われている”とか

 

“わたしは仕事ができない”とか

 

“わたしは、みんなの迷惑になる”とか

 

“仕事をやめた方がいいに決まってる”とか

 

A子さんの心の声は、み~んな、認知なの。」

 

 

 

 

yuko「今、お話したことを、図にまとめてみるね。」

 

 

A子 「こうやって書いてみたことなかったんで、

 

書いてみると、分かりやすいですね!」

 

 

yuko「認知行動療法では、認知、思考、考え方など

 

文字にして具体的に書いてみることをおすすめしているの。

 

ぜひ、おうちに帰ってからも、自分なりに書いてみてくださいね。」

 

まとめ

  

認知行動療法では、

 

 

1.客観的事実と認知、結果としての感情を分けてとりあげる。

 

2.考え方を具体的に書き出してみる。

 

3.認知(考え方)を客観的視点で見直し、修正してみる。

 

4.認知(考え方)を変えると感情が変わることを理解する。

 

 

という手順で行います(#^.^#)

 

 

今回は

 

1.客観的事実と認知、結果としての感情を分けてとりあげる

 

2.考え方を具体的に書き出してみる

 

の2つをお伝えしました。

 

 

 

3.4.については

 

認知行動療法を分かりやすくお伝えします②

 

でお伝えいたします。

 

もしよろしければ、どうぞお目通しくださいませ。

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

認知行動療法は、

 

自分で取り組むことで効果が得られる方法です。

 

あなたも、ぜひ、自宅でやってくださいね!

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

copyright Kobe Phychotherapy Center All Reserved

すべての文章は著作権法により保護されています。

 

*ブログ、メルマガ、Twitter、facebookなどメディアへの引用、

転載は可能ですが、引用元を明記の上、

https://ameblo.jp/kobeptc82cbt

へのリンクをお願いいたします。

なお、商用サイトへの転載、引用は不可となっておりますので

ご了承くださいませ。

 

神戸心理療法センター

https://www.mentalhealth-kobe.com/