1回生【8/26 vs.立命館大学】 | Kobe Men's Lax MG Blog

Kobe Men's Lax MG Blog

神戸大学男子ラクロス部MGが更新していきます!


テーマ:
8/26、立命館大学びわこ・くさつキャンパスにて、1回生が立命館大学と練習試合を行いました。今回はその様子をお伝えします。試合形式は、10分×6Qです。
 
*1Q
試合開始のフェイスオフは相手が勝ち、相手オフェンスからスタートです。試合が動いたのは開始5分、#36 木村のショットが見事にゴールをとらえます!スコア1-0、神戸1点リードです。クォーターラスト3分、相手オフェンス側で混戦GBとなりますが、#72 太田がクリアし、#71 市岡がスクープし、そのままショットを打ちますが惜しくもゴーリーセーブ。この後相手オフェンスに切り替わり、クォーターラスト2分、相手のショットが決まり、スコア1-1で同点となります。このまま1Q終了です。
 
*2Q
フェイスオフは相手が勝ちますが、神戸がポゼッションします。ここから#30 永田、#56 岩田、#45 入口が立て続けにショットを打ちますが得点につながりません。そしてクォーターラスト5分、#33 小野(圭太)の左上からのショットが見事に枠をとらえます!スコア2-1、神戸1点リードです。ここから神戸の攻撃に勢いがつきます。クォーターラスト3分、#36 木村が相手ディフェンスを華麗にかわしショットを決めます!スコア3-1、神戸2点リードです。しかしクォーターラスト1分、相手にショットを決められ、スコア3-2、神戸1点リードで2Qが終了します。
 
*3Q
序盤から神戸の攻撃が続きます。開始1分、#37 岩本のショットが決まり、スコア4-2、神戸2点リードです。続いて開始2分、#69 中林のショットが決まり、スコア5-2、神戸3点リードとなります。この後両者が攻防を繰り返しますが、得点にはつながらず、スコア5-2で3Qが終了します。
 
*4Q
開始から両者の攻防が続きますが、クォーターラスト3分、相手のショットが決まり、スコア5-3となります。しかしこの後神戸が流れを取り戻し、クォーターラスト1分、#37 岩本が見事にショットを決めます!スコア6-3、神戸3点リードで4Q終了です。
 
*5Q
開始1分、#30 永田が相手ディフェンスをかわし、見事にショットを決めます!スコア7-3、神戸4点リードです。ここから神戸の勢いは止まりません。開始2分、神戸オフェンスが素早くパスをつなぎ、#37 岩本がショットを決めます!スコア8-3、神戸5点リードです。この後相手の攻撃が続きますが、神戸ディフェンスが相手に得点を許しません。#90 本多がディフェンスの位置から一気に持ち上がり、相手ディフェンスを寄せ付けないまま見事にショットを決めます!スコア9-3、神戸6点リードです。その後は互いに得点を許すことなく5Qが終了します。
 
*6Q
フェイスオフは#72 太田が勝ち、神戸ボールからスタートです。開始2分、いい位置でボールを受け取った#72 太田がそのままショットを決めます!スコア10-3、神戸7点リードです。しかし開始3分、相手のショットが決まりスコア10-4となります。この後両者の攻防が続きますが、クォーターラスト4分半、再び相手にショットを決められ、スコア10-5となります。クォーターラスト1分半、クリアに成功した#71 市岡が相手ディフェンスを次々とかわし、そのままショットを決めます!スコア11-5、神戸6点リードです。そしてこのまま試合終了です。
 
終始神戸に勢いのある展開で、相手に大差をつけて勝利することができました。1週間後に迫るサマー予選では、3戦とも簡単ではない戦いとなることが予想されますが、まず勝利し決勝へと駒を進め、優勝できるよう、日々練習に取り組んでいきます!

神戸大学男子ラクロス部さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス