【8/11 リーグ戦開幕戦 vs. 大阪大学】 | Kobe Men's Lax MG Blog

Kobe Men's Lax MG Blog

神戸大学男子ラクロス部MGが更新していきます!


テーマ:

8/11、鶴見緑地スタジアムにて、大阪大学とリーグ戦開幕戦を行いました。今回はその様子をお伝え致します。試合形式は20×4Qです。


1Q

フェイスオフは#22 福嶋が勝ち神戸オフェンスからスタートです。開始3分、#14 吉田(直)の左横からのショットが見事に決まり、スコア1-0、大事な先制点を奪います。更に追加点が欲しい神戸!その後は両チームの攻防が続きますが、開始9分、#19 植本の右クリース前からの鋭いショットが枠を捉え、スコア2-0、神戸2点リードとなります!その後も#7 久保田、#19 植本、#1 谷口らがショットを打ちますが得点することが出来ません。さらにクォーターラスト2分、神戸のオフサイドでマンダウン30秒となりますが、なんとか守りきり、そのまま2-01Q終了です。


2Q

前半、相手の攻撃が続きますが、開始8分、クリース前でボールダウンしたのを#4 矢次がナイススクープし神戸ボールになり、さらにその後相手のファールでエキストラ1分とチャンスを作ります。#7 久保田、#5 岸田らがショットを放ちますが得点出来ず、エキストラ解除となります。クォーターラスト8分、相手のクリアが成功すると相手#16 のショットが決まり、スコア2-1と点差を詰められます。その後神戸のスラッシングでマンダウン1分となり、そのまま2Qが終了します。


3Q

3Qはマンダウンからスタートします。開始直後、相手にショットを決められスコア2-2と同点に追いつかれます。さらにクォーターラスト10分半、相手#33 のショットが決まり、スコア2-3、神戸1点ビハインドとなります。流れを変えたい神戸!相手の得点明けのフェイスオフは#22 福嶋が勝つと、クリース前からの#1 谷口の鋭いショットが見事に枠を捉え、スコア3-3と同点に追いつきます!!その後は互いの攻防が続きますが両者得点ならず、3-33Q終了です。


4Q

開始直後、神戸のホールディングやオフサイドによりマンダウンとなりますが、なんとか守りきります。その後は両者の攻撃が入れ替わりますが、開始8分、同時ファールで神戸がマンダウン1分、相手が30秒と再びピンチをむかえます。その後#0 三宅のナイスGBで神戸ボールになりそのまま#18 小紫がショットを打ちますが惜しくも枠外。その後相手ボールに変わると、クォーターラスト10分、相手の右横からのショットが決まりスコア3-4と再びリードされます。後がない神戸!#12 石田のナイスセーブから神戸のクリアが成功すると、#17 千葉がクリース前からショットを打ちますが惜しくも枠外。チェイスは神戸が勝つと、その後再び#1 谷口のショットが見事に決まり、スコア4-4と同点になります!!その後は両者得点ならず同点のまま試合終了です。



両者譲らぬ戦いとなり、引き分けというすっきりしない結果となりました。明日、18日に行われる第2戦は優勝候補と呼ばれる関西学院大学と戦うので気持ちを切り替えて挑みたいと思います。応援よろしくお願いします。







神戸大学男子ラクロス部さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス