【5/6 練習試合 vs.ACL】 | Kobe Men's Lax MG Blog

Kobe Men's Lax MG Blog

神戸大学男子ラクロス部MGが更新していきます!


テーマ:
5/6、六甲台グラウンドにて社会人チームACLとの練習試合を行いました。試合形式は20分×4Qです。今回はその様子をお伝え致します。

*1Q
試合開始のフェイスオフは#22 福嶋が勝ち神戸オフェンスからスタートします。相手にオフェンスが移ると、試合開始2分、相手のミドルシュートが決まりスコア0-1と先制点を奪われます。しかし、試合開始4分、#1 谷口からパスを受けた#19 植本のクリース前からのショットが決まり、スコア1-1となります。そしてクォーターラスト10分、神戸がクリアを上げきれず相手オフェンスに戻ってすぐ、相手のショットが決まります。スコア1-2に引き離されます。攻守が激しく入れ替わる状況が続きますが、クォーターラスト1分、右クリースからの#19 植本のショットが決まります!スコア2-2に追いつきそのまま1Qが終了します。

*2Q
クォーター開始のフェイスオフは#22 福嶋が勝ち、神戸オフェンスからです。先に得点したい神戸でしたが、クォーター開始1分、相手のショットが決まりスコア2-3に離されます。得点明けも相手のオフェンスが続きますがクォーター開始4分、神戸のクリアがあがりそのまま#19 植本のショットが決まります!スコア3-3と同点に持ち込みます。そしてクォーター開始5分半、神戸のクリアがあがりきらずそのまま相手のショットが決まります。スコア3-4です。流れを変えたい神戸ですが、ファウルをとられマンダウンとなり、得点されることなく守り切りたい神戸ですが、クォーター開始8分半、相手のショットが決まりスコア3-5に点差が広がります。なんとか差を縮めたい神戸でしたが、続いて相手のショットが決まりスコア3-6で2Qが終了します。

*3Q
クロスチェックで相手がイリーガルのため神戸エキストラ3分の状態からスタートです。クォーター開始10秒、#5 岸田のショットが見事決まりスコア4-6となります!流れに乗りたい神戸、クォーター開始2分半、#0 三宅のショットが決まりスコア5-6まで縮めます。そしてさらに相手のファウルでエキストラ状態の中クォーター開始4分半、#7 久保田のミドルシュートが決まります!スコア6-6と同点まで追いつきます。しかしクォーターラスト9分、相手のショットが決まりスコア6-7となります。食らいつきたい神戸、クリアをあげオフェンスに持ち込むとクォーターラスト3分、#11 鞠本のショットがゴールを揺らします!スコア7-7、またもや同点に追い上げます。そして両者得点することなく7-7で3Q終了です。

*4Q
クォーター開始から10分近く得点の動かない状態が続きますが、クォーターラスト8分、クリアからフルフィールドオフェンスに持ち込むとそのまま#14 吉田(直)のショットが見事決まります!スコア8-7、1点リードです!しかしクォーターラスト3分、相手のショットが決まりスコア8-8となります。なんとか引き離したい神戸でしたが、クォーターラスト1分半、相手のショットが決まり8-9と逆転されます。そしてクォーターラスト30秒、クリアからそのまま相手のショットが決まりスコア8-10で試合終了です。


トップリーグを終えて初めての練習試合でしたが悔しくも勝利することはできませんでした。大部分が相手を追いかける形で進み、粘り強さが試される試合となりました。社会人チームであるACLとの試合経験を糧に、夏から始まるリーグ戦に向けてチーム全体で成長していきたいです!

神戸大学男子ラクロス部さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス