【4/15 スポーツフェスティバルvs.甲南大学】 | Kobe Men's Lax MG Blog

Kobe Men's Lax MG Blog

神戸大学男子ラクロス部MGが更新していきます!


テーマ:


4/15、神戸大学国文グラウンドにて甲南大学と新歓試合を行いました。男女問わず、たくさんの1回生が観戦に来てくれました。
今回はその様子についてお伝えします。
試合形式は20分×2Qです。

*1Q
試合開始のフェイスオフは神戸が勝ちますが、流れたボールを相手がスクープし、相手オフェンスとなります。開始5分、相手のパスミスで神戸のクリアが成功し、ゴール裏でパスを受けた#19 植本が相手のディフェンスをかわしショットを打ちますが、惜しくも枠外。その後も#18 小紫、#3 蘆川が立て続けにショットを狙いますが、なかなか枠を捉えることができません。両者激しいボールの奪い合いが続く中、ラスト9分、神戸のスラッシングによりマンダウン1分となります。人数不利な状況で、相手にショットを打たれてしまいますが、#21 田中がナイスセーブを見せ、なんとか失点を免れます。再び試合が動いたのはラスト5分。#9 笹倉のナイスディフェンスでボールを奪った神戸は瞬時にクリアをあげ、#24 原田からクリース前でパスを受けた#19 植本が見事ショット!スコア1-0、先制点を挙げます!しかし、ラスト1分、相手の左上がり際のショットが決まり、スコア1-1、同点となります。残り時間わずかな中、果敢に攻めた神戸ですが、同点のまま1Q終了です。

*2Q
両者攻防が続く中、開始7分、#28 宮野が放ったショットが相手選手に当たってしまい、神戸マンダウン1分となります。マンダウン解除までなんとかゴールを守り切ったと思った矢先、相手にショットを決められてしまいます。スコア1-2。さらに、相手の得点明けフェイスオフは相手が勝ち、そのままショットが決まります。スコア1-3。これ以上の失点を防ぎたい神戸ですが、ラスト9分、再び相手のショットが決まります。スコア1-4。点差を縮めたい神戸。果敢にゴールに挑む中、ラスト5分、#16 植田の左横からの華麗なるショットが決まります!スコア2-4。勢いに乗りたい神戸ですが、神戸の得点明けフェイスオフは相手が勝ち、そのままショットを決められてしまいます。スコア2-5、さらに引き離されます。そんな中ラスト3分、トップでボールを受けた#17 千葉が相手の強靭なディフェンスを何枚も抜き、クリース前から見事ショット!すばらしいプレーを見せてくれます!スコア3-5。その後両者得点の決まらないまま試合終了です。

2、3回生だけで挑んだ試合で、残念ながら厳しい結果に終わりましたが、白熱した試合となりました。今回の試合で得た様々な反省を生かし、トップリーグでは成長した姿を見せれるよう、日々の練習に励みたいと思います!応援よろしくお願い致します。

神戸大学男子ラクロス部さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス