ベトナム視察③ | アンドルーチェ代表 睫毛師 西尾育子ブログ

アンドルーチェ代表 睫毛師 西尾育子ブログ

アイラッシュ&ネイル アンドルーチェ株式会社の社長はこんな人。


今回のメインの仕事は、ベトナムでのアイラッシュコンテストの審査員です。


正直、とっても小規規模のコンテストを想像していました。


発展途上国。ベトナム人の初任給は大卒でも3~4万円っていう国です。


そもそもアイラッシュエクステンションという美容が浸透してるのか?


そんな疑問も抱きながら、ベトナム入りしました。

 


コンテストの前日にベトナム入り。


主催の方々が空港まで迎えに来てくれてすぐにホテルにチェックイン。 


その後も続々と、各国の国際審査員が続々と入国しチェックイン。


チェックインしてすぐに、翌日のためのミーティングが始まりました。


国が違っても技術が大きくズレることはありませんので、英語やベトナム語で書いてあってもだいたいは何のことを言ってるのかはわかります。

 

 


ミーティングが終わって、みんなでお食事タイム。


同行者の市川さんと若林さんも合流して食事。二人は、各国の審査員たちのオーラに圧倒されていたようで、自分たちがこんな場にいてもいいのか?と、しきりに恐縮していました。

 




さて、コンテスト当日、会場についてみてびっくり。

想像とは違って、とても大きくて広い会場。


出場者たちもたくさんです。


コンテストの参加料は日本円にして9000円ほど。ベトナムの大卒の初任給が34万円ですから、すごいことですよね。


日本人は私たちだけ。


店長、ドえらい、緊張しておりました。

 


いきなり競技がスタートするのではなく、ド派手なオープニングセレモニーが1時間ほど。 


ダンスが始まり、プロの司会者による審査員一人一人の紹介。


全員でステージ上からバズーカ砲を打ち上げて競技スタートです。


とにかく派手でした。

 




まずは、フォト部門、マネキン部門、付まつげ部門の審査。


マネキン部門の作品では、本当の魚が泳いでいるという何ともユニークな作品があったりと、とても楽しんで審査することができました。


そうこうしているうちに、若林店長の出番です。緊張Maxのようです。


彼女は2年以上の経験者のマスター部門に出場しました。




競技ルームで競技を終えたモデルたちは審査室へと移動してきます。


店長のモデルも審査室にやってきました。


店長の出場した競技の審査は私はできないようになってまして。


まぁ、そうですよね。その方がフェアですよね。


ただただ見ているだけ。ウロウロ~、ウロウロ~していました()


結果はね、前のブログでも書いたように、入賞はできなかったけど、私にとってはチャレンジした彼女が私の誇りであることには変わりない。

 




 

前回の台湾の時も思いましたが、審査委員たちのもてなされっぷりが、すごいんですよ。


審査しているその横で、豪華ランチがふるまわれました。


私もたくさんいろんな場所で審査員していますが、大抵ね、普通のお弁当とお茶ですよ。


でもフルコースのベトナム料理&中華料理が出てきましたよ。


しかも審査をしている真横で。


選手たちには廊下にサンドウィッチが配られていました。えらい差やな~と思いながら()


でも、よく考えたら選手たちにも食事が出たコンテストは無かったな、今まで。


それを思うと、すごくもてなされていますよね、出場者に対しても。





 

全ての競技が終わって、夜の表彰式もこれまた豪華。


もちろん、フルコースのディナーを食べながらの、表彰式。


プロのカメラマン2人と、プロの司会者。


会場にはドローンが飛んでました。

 

何より一番感激したのは、出場した選手を全員ステージに挙げてチャレンジをたたえてくれたこと。

また、運営にかかわったスタッフたちにも一人ひとり花束を渡して、お礼をのべていたこと。4時間にも及ぶ表彰式でしたが、温かい気持ちになった、表彰式でした。

 




主催者のホーリーは、本当にプロモーションが上手。


各国から審査員が来ているから、彼女たちがSNSで拡散することを計算してのステージ作り。


本当に頭の良い女性です。


このような、素晴らしい国際コンテストに、審査員として選んでいただけたこと、とても光栄に思います。

 

 

 ↑中央のグレーのドレスがホーリー

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

当社はマツエクスクールも運営しています。

アイリストになりたい!という方は

スクール説明会でお話している内容をまとめたこちらの記事もぜひご覧ください。

 

美容師国家資格取得支援コースへの入学をお考えの皆様へ

 

サロン実習って何するの?

 

美容専門学校通信課程はどれくらい通えばいいの?

 

卒業までにまつエクのテストはありますか?

 

まつエクはスクールの授業だけで上達しますか?

 

 

■■【在校生の声】

保育園児と小学生のママ。自宅ネイルサロンをしています

 

週5~6日フルタイムで働いています

 

23歳と18歳の子供。5か月の孫もいます

 

1歳と3歳の子供。週3日はフルタイムで仕事

 

自宅ネイルサロン経営。今後は美容関係を中心とそて色々な事業に参入したい

 

週5日ホテルでの接客業。北陸地方から1泊2日で通っています

 

 

お申し込み(無料体験付きのスクール説明会)はこちらから


まつげエクステ専門校

アンドルーチェテクニカルスクール東京銀座校・大阪本校

でんわ0120-011-669

HP:http://www.andruche-school.com