私が政治家を目指した理由とは | 神戸志民党 市会議員団 西区担当相談員 香川 真二のブログ

神戸志民党 市会議員団 西区担当相談員 香川 真二のブログ

神戸志民党 市会議員団 西区担当相談員 香川真二のオフィシャルブログです。


テーマ:
2015年4月3日に神戸市議会議員選挙の立候補届を出しました。政治家になるということは、多くの方から注目をされるためストレスの多い生活を余儀なくされます。家族にも迷惑をかけます。そこまでして政治家になるのには、理由があるからです。私は長年、理学療法士として障がい者の方や高齢者の方と接してきました。また、7歳になる次男は障がいを持って生まれてきました。障がいを持って生活していくこと、高齢になり介護が必要となっていくこと、またその家族の気持ち、そういった状況を見てきました。その方々の生活を今より良くしていくためにと思い、児童福祉施設を設立したり、訪問看護ステーションを運営したりと個人的には活動をしてきましたが、個人では限界があります。行政の方に現状を知ってもらい、解決策を一緒に考える、そういった活動が必要だと感じました。神戸市の福祉行政は、他都市と比べても手厚いと思っています。役所の福祉課の方も本当に親身になって
考えてくれる方が多いと感じています。だからこそ、行政と一緒になって福祉を、障がいを持った方の生活を良くできると考えています。
政治家の方の中には、財政も福祉も教育も産業も公共工事も良くしていきたいと訴えている方が多くいらっしゃいますが、本当にそんなにたくさんのことができますでしょうか?福祉の分野だけでも、問題は山積みです。私は、自分の役割は福祉の改善、ただひとつであると考えています。これが、達成できれば政治家である必要はありませんので、政治家を終了します。

香川 真二さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス