相手の気持ちになって考える | 神戸志民党 市会議員団 西区担当相談員 香川 真二のブログ

神戸志民党 市会議員団 西区担当相談員 香川 真二のブログ

神戸志民党 市会議員団 西区担当相談員 香川真二のオフィシャルブログです。


テーマ:
私は、大学講師時代にも学生に、「相手の気持ちになって考えよう」って指導してきました。小学校の国語の授業でも「この登場人物はどのような気持ちでしょうか?」という問題があるのですから、仕事でも恋愛でも、相手の気持ちになって考え、行動することは重要なことだと思っています。
私自身、はじめての選挙活動2日目を終わり、いろいろと思うことがありました。選挙に出ると決める前には、選挙になると繰り広げられる街宣車からの候補者名の連呼を正直うるさいと感じていました。私の周りにいる多くの人も、そういった感想を持っているようです。しかし、候補者側に立つと当選するために必死で、どんどんボリュームが大きくなっていくのです。双方の気持ちは、分からないでもないですが、候補者が有権者の方に票を入れてとお願いしているわけですから、立場的には候補者が有権者の方の気持ちを考えた行動をするべきではないでしょうか。名前の連呼だけでは、有権者の方には候補者の考えや志は伝わりません。街頭での演説により、自分の考えを伝えることこそが、候補者に求められていることだと考えています。その時にも、ボリュームには注意して行いたいと思います。そんなこと言ってたら、選挙には勝てないよと言われる方もいますが、自分の信念を曲げてまで政治家になろうとは思いません。自分の
考えや信念をしっかりと持ち、貫くことができる政治家が、いま求められていると思っていますから。

香川 真二さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス