うさぎ組 お正月飾り | 神戸保育園のブログ

神戸保育園のブログ

ブログの説明を入力します。

 うさぎ組で柳の木に餅花をつけてお正月飾りを作りました!

〝餅花″とはお正月に柳や榎の枝に餅や団子をさして飾るもので、一年の五穀豊穣を祈願する意味をもつそうです。

 

 長い柳の枝を見て「何が始まるんだろう」と不思議そうな子どもたち。次に出てきた餅花を見て「わぁ!」と驚いていました。

 

 

湿ったタオルに半円を置いて、2つの円を柳の枝にはさんで10秒ほど数えると不思議なことにくっつきます!!

 

 

「この色にする♪」と自分で選んだ餅花を壊れないようにやさしく持って楽しんでいました。

 

できあがった餅花を見てみんなとても嬉しそうでした。

お正月明けまで保育園に飾って、みんなが元気に登園して来てくれるのを待ちたいと思います。