(6/9)第161回神戸チャプター勉強会(例会)[報告] | 日本コーチ協会 神戸チャプター

(6/9)第161回神戸チャプター勉強会(例会)[報告]

 

 

 

【日時】
2019年6月9日(日)13:30~16:30

 

【参加者】
12名

 

【プログラム】
「コミュニケーションの達人をめざそう!コーチング講座2019【応用編】」~第3回『聴き方を磨く』~
講師:堀 弘幸(ほり ひろゆき)氏

 

【内容】
今月は、現在医療関係でコーチングを職場で展開されていて、しかもプライベートでは少年野球の監督をされ、決して強いとは言えなかったチームを2回も優勝に導かれた堀弘幸さんが講師です。
今回はその少年野球でコーチングのスキルを取り入れる「前と後」の体験談をもとに、「聴く」「訊かれる」ことの深さを学び合いました。

相手を攻め合う、できないことに目が行くところから、できるところに焦点を当て、自ら考え、認め合い、行動し納得のいく結果を手に入れる。そのすべての基礎が「話を聴き合う」「自らの気づき」である事に改めて、参加者が「気づき」ました。
6分間コーチングでは、うなづき合いながら、信頼関係を深めながらの時間をその6分間で堪能しました。

堀コーチ、ありがとうございました。


【参加者の声】
・話すとどんないいことがあるか。たくさんいいことがある。そんなプロセスや気づきをサポートしたり促すことができるのがコーチの役割。頑張ろう!
・堀さん、大変よかったです。オートクラインのメカニズム、実行を促すメカニズム、基本が改めてわかる内容でコーチングの素晴らしさをさらに強く確信しました。
・数々の行動アイデアが出てきたことを感謝します。
・聞くことの重要性あわかってきました。
・あらためて聞くことの重要性を再認識できました。今後の生活に活かしていきたい。

 


★幸せの数をふやす。【日本コーチ協会神戸チャプター】 http://www.coach-kobe.com