扁桃腺(へんとうせん)になって入院 | タイからの生活情報

タイからの生活情報

タイでの生活情報を載せます。
タイに住んで、36年以上になります。
その間、いろいろな経験をしてきました。
現在、宗教、健康・病気、株式市場などに
関心を持っています。

駐在員の友人が、扁桃腺になって二日間病院に入院して、退院
ました。

今日はこのケースを基に学びましょう。

扁桃腺は、舌の付け根の両サイドにあるこぶのようなもので、
口から体内に侵入してくるウィルスや細菌を予防する役割を
果たしています

このところに大量の菌が侵入し、防衛できなくなり大きく膨れ
上がります。

そして食べ物が食べられなくなって、さらには唾を飲み込むこと
できない辛い状態になります。


こんな時には、抗生物質を飲むと23時間後に辛さがなくなって
きます。

この抗生物質は、ペーハーの中性の7から4ないし5に下げるこ
により菌を死滅させる働きをします。


お医者さんに、抗生物質をリクエストすることです。

バンコクでは、病院に行かなくても普通の薬局で売っています。

一錠がわずか10 バーツ程度です。

しかし日本では販売されていません。

医者の処方箋が必要です。
教訓として、、ある病気になったら落ち着いてその原因、そして
治療を心得ておくことです。

 

以下、病気の一覧について紹介します。

http://seikatsujoho.asia/kenko/3byouki/omonabyouki.html

 


        ノンタブリにある商業省の本館入り口