安部首相のイラン訪問 | Captain’s Eye ~小林宏之 コラム~

安部首相のイラン訪問

安部首相のイラン訪問

安部首相が今日から2日間イランを訪問する。アメリカとイランとの緊張が高まっている折、先進国の中でもイランと友好関係にあり、かつ中東諸国とも中立的な立場を保っている日本の果たす役割は十分ある。私もイラン・イラク戦争の末期から湾岸戦争のまでの間、中近東路線の責任者として、湾岸地域の路線を担当してきたが、イランの管制官とのやりとりからも、イランが日本に対して親近感、信頼感を懐いていることを感じとることができた。

今回のイラン訪問で、安部首相は単にトランプ大統領の代弁者としてではなく、中立的な立場で、アメリカとイランとの緊張緩和のための役割を果たすことができれば、日本の外交のプレゼンスを世界にアピールできる絶好の機会になるはずである。