アルビオン社長 小林章一 オフィシャルブログ

アルビオン社長 小林章一 オフィシャルブログ

アルビオンの社長、小林と申します。 私どもの会社では、「アルビオン」「エレガンス」「イグニス」「インフィオレ」 「アナスイ」「ポール&ジョー」 という化粧品ブランドを扱っています。

こんにちは。
アルビオンの小林です。

7月になりました。
今週は、いきなりの猛暑日続きですね。
梅雨が明けて、いよいよ夏も本番へ!



さて。
例えば、
新しい仕事に挑戦すること。

大きなプレッシャーのかかることですが
とても刺激的ですよね。

組織においては、
新しいことなんてできないという
不満をもつ方も
中にはいるかもしれませんが、
そのためにはまず
上司の信頼を得ることが大切です。
まかせていただけるよう努力をし、
覚悟を持って新たな仕事に挑むことは、
素晴らしいことだと思います。



例えば、
自身のラインナップにはなかった
全く新しいネクタイを選んでみること。

私はこれまでの人生において、
ピンク系の配色がされたネクタイは
一本も買ったことがありませんでしたが、
最近思いきって選んでみました。

身に着けてみたら
今までにない新鮮さが味わえて、
とても気分が変わりました。



意を決してのチャレンジも。
普段とは違うささやかなチェンジも。
どんなことでも、
新しいことに挑戦してみる、
新たな世界への扉を開いてみることは
素敵なことだと思います。
こんにちは。
アルビオンの小林です。

毎朝のタップダンス。
休日の美術鑑賞。

夢中で体を動かしたり。
ゆっくりと芸術品に触れたり。

そうした、何かに没頭できる時間を、
大切にしています。

タップダンスは20数年やっていますが、
これがなかなか上達しなくて落ち込む…(笑)。
でも、好きだから、続けられています。



初めて就職した西武百貨店で
担当が美術品売場だったこともあって、
今でもミュージアムに出かけては
見たり、触れたりすることが好きです。
いつか時間ができたら、
自分でも焼き物づくりがしたいと思っています。



たまには何も考えずに。

好きなことに没頭する。
趣味に夢中になってみる。

皆さんにも、そういう時間はありますか?

こんにちは。
アルビオンの小林です。

コロナ禍も少しずつ落ち着きはじめ
出張に出かけることが増えてきました。
お取引店様に伺えることを
とても嬉しく思っています。



直接お会いすると、
思いもよらない、
なかなか気付くことのできない
問題点をご指摘いただくことも。
中には当然
厳しいお声もありますが、
課題がしっかり見えてくるし、
いいと思う事はすぐに取り入れて
改善への手が打てますし、
現場からの貴重なご意見には
いつも心から感謝しています。

“課題が発見できるのは現場”

日頃からメンバーに話しているんですが、
現場の今をしっかりと肌で感じられる
“肌感覚”がいかに重要かを、
私自身改めて実感します。

理屈じゃなくて、
直接現場に足を運んで、
現場の声を一生懸命聞いて、
真摯に真正面から受け止める…
これが、大事なんですよね。

そこでもう一つ大事になるのは、
相手が本音を言えるかどうか。
そのためには、日頃から
お取引店様や現場の皆様と
信頼関係が築けていないといけません。
“この人にならちゃんと本音が言える”
という関係性を築く、
ちゃんと本音をいえる体質をつくっていくことも、
すごく重要だと思います。

今週は、二度の出張が叶いました。
これからも出来る限り時間をつくって、
お取引店様に逢いに行けるよう、
現場の声に耳を傾けることができるように、
努めていきたいと思います。