アルビオン社長 小林章一 オフィシャルブログ

アルビオン社長 小林章一 オフィシャルブログ

アルビオンの社長、小林と申します。 私どもの会社では、「アルビオン」「エレガンス」「イグニス」「インフィオレ」 「アナスイ」「ポール&ジョー」 「レ•メルヴェイユーズ ラデュレ」という化粧品ブランドを扱っています。

こんにちは。
アルビオンの小林です。

先日、客員教授をさせていただいている
東京農業大学のオホーツクキャンパスにて、      
講演させていただきました。



当日の網走は快晴!



以前に降った雪が残り
私にとって今年一番の寒い朝でしたが、
空気が凛と澄み切っていて
すがすがしい一日のスタートに。



「企業と学ぶ化粧学」をテーマに
私の経営論や企業マインド、
アルビオンのものづくりや
商品力、接客力、
高級化粧品とはなにかなど、
私の言葉でお話しさせていただきました。



60分の講義を
皆さん熱心に聴いてくださり、
その後の質疑応答の時間には
たくさん質問していただいて、
私も大変嬉しく思いました。
・企業・ブランド・ビジネスそれぞれについて
どうお考えですか?
・いい会社ってどんな会社だと思われますか?
など熱心なご質問から、
中には
・いつもいくらのワインを飲んでいるんですか?(笑) 
というバラエティ豊かな質疑まで。
講義の感想やご意見など、
多くの声を届けていただきました。



受講いただきました皆さま、
どうもありがとうございました!




こんにちは。
アルビオンの小林です。

個人的には。
”常識やぶり”ぐらいの方がいいと
思っています。



常識や既成概念にとらわれず、
思いっきりやりたいことをやる、
はっきりと言いたいことを発言する、
そういう生き方の方が、
私は好きです。
時には、
常識や既成概念を疑ってみることは
大事だと思っています。

でも。
”常識やぶり” と ”常識はずれ” では
まったく違います。

残念ながら、
その意味を履き違えた人がいますよね。
破天荒だ、人とは違う、
そう思われたくて
あえての言動をみせる人。

うんざりします。

世の中が驚くような革命も。
考えられなかった斬新さにも。
人として、当たり前の常識を外しては
ありえない。

人として
正しい礼節ありき。

私はそう思います。




こんにちは。
アルビオンの小林です。

毎年11月には、
本社メンバーと全国の営業メンバーが
2回に分けて集う、シーズン勉強会があります。



次期のプロモーションについて
朝からみっちり勉強した後には、
食事をしながらの懇親会。
今年の会場は
一回目が東京ステーションホテル、
二回目がセルリアンタワー東急ホテル。



全営業メンバーと本社メンバーとが
部署間を越えて交流する機会は
なかなかありませんから、
このひとときは貴重なチャンス!
お互いの仕事について語ったり、
普段言えなかったことをぶつけたり、
理解を深めあうとてもいい機会。
私も、会場に集う一人ひとりと
言葉を交わします。

職種はそれぞれですが、
みんなで前を向いて
仕事をしていただきたいと思います。



これからも、こうした交流の場を
大切にしてゆきたいと思います。