敬愛する津原泰水さんの小説「ルピナス探偵団の当惑」、


帯を書かせていただきました。


出来上がりを最初に見たとき、私の名前と写真が想像以上の大きさで、


恐れ多かったです。


タイトルよりも、作家名よりも、大きい。


友人に「一瞬、作家デビューしたのかと思った。」と言われました。してません。


どうぞ、違和感を感じたりして、お手にとって頂けましたら。


冴えわたるユーモアたっぷりの、乙女たちが活躍するミステリーです。


同シリーズの「ルピナス探偵団の憂愁」も傑作ですので、併せて、ぜひ。






今、全国の本屋さんで、創元社創立60周年フェアをやっています。


こちらは、銀座の教文館。


1397366851590.jpg

本棚の中に自分が混じっているのが、うれしくて、パチリ。