防犯セミナー行ってきました! | 岡山発 親子で楽しく明るい思春期を迎えるための【パンツの教室】 こばやしさちよ

岡山発 親子で楽しく明るい思春期を迎えるための【パンツの教室】 こばやしさちよ

こどもの純粋な性に関する疑問にきちんと答えることで、
親子の絆はますます深まります。

思春期だってどーんとこい!
明るく、楽しくお家での性教育の始め方のコツや助産師として、
母としての日常を書いています。


テーマ:

ご訪問ありがとうございます。

 

 

【 岡山 津山 鳥取 】 

10歳までに渡したい知識のお守り!

とにかく明るい性教育【パンツの教室】

インストラクター 

助産師こばやしさちよ です。

 

 

 

 

 

 

本日はバスで片道3時間かけて

大阪へ行ってきました!

 

それは、、とにかく明るい性教育パンツの教室

マスターインストラクターである

くらしまかなこ先生のお話を聞くため!

 

 

くらしま先生は

保育士で現在は児童養護施設で働きながら

インストラクターもされながら、

ワンオペで3兄弟を育てていらっしゃるパワフルママ!

 

 

くらしま先生のお母さんをどこまでも思いやる言葉に

そして子どもを守りたいという熱い思いに

お会いする前からファンになっていた私。

 

 

この度思い切って

1歳の娘を一時保育に預け、

90分セミナーのために往復6時間かけて

単身向かった大阪。

 

 

 

本当に行ってよかった!!!!

 

 

 

くらしま先生の言葉に会場のママたちはみんな涙。

 

 

 

 

 

子どもって
お母さんのことが大好きなんです
  

 
だからこそ、
嫌なことがあったって
お母さんが悲しむかもって
そう思ったら言えない、、

 
  

でも、親として
子どもが一人で抱えこんじゃうほど
辛いことってないですよね。

 
  


 


沢山の事例を通して 
親が思ってるほど
子どもには言ってることが
伝わってないこと
 
  
どんな声かけだったら、
子どもは行動に移してくれるのか
 
 
子どもはどんな風に
親の言葉を感じているのか
 
 
そして、
  
 

子どもがどんなにお母さんのことを
大切に思ってくれてるのか
  
 

 
これらを実感できる
あっとゆうまの90分でした。
 
    

虐待を受けていても、
それでもお母さんを守りたいって
そう思う子どもが多いそう
 
 
子どもにとってのお母さんって
本当に特別
    
 
だからこそ、
伝え方を間違えてはいけない
 
  

 
手を伸ばせば届く範囲にいて
頭を撫でればクシャって笑う
大切な子どもの笑顔が
曇らないように
 
 
子どもがいざという時に
自分の体を自分で守れるように
 
 
お母さんが
繰り返し伝えることが大切。
 
 
知らないだけで、
悲しい思いをする可能性がある
 
 
知ってれば、
犯罪に巻き込まれることを
避けることだってできる
 
 
 
子どもを守るためにも
性教育を伝えることの重要性
改めて感じました!!

 

 

 

今日学んだ事を踏まえて

パワーアップした講座をお届けしますね。
 
 
 


  
実際にくらしま家で取り入れている効果的な声かけや児童養護施設でのお話など、
読むとますます子どもが愛おしくなっちゃうくらしま先生のメルマガはこちら↓
https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/index/87282/?kobayashisachiyo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音譜性教育の初めの一歩はこちらから音譜

 

 

 

1万人以上が読んでいる教科書には載ってない親子で語る

とにかく明るい性教育【パンツの教室】代表理事のじまなみ先生

無料メルマガのご登録はこちら

 

 

 

同協会マスターインストラクター

命の現場から発信!助産師 わたなべまさみ先生

 →無料メルマガのご登録はこちら

 

 

 

とにかく明るい性教育【パンツの教室】協会HPはこちら

 

 

 

 

のじまなみ先生執筆

アマゾンで1位!2万部突破!!

『お母さん!学校では防犯もSEXも避妊も教えてくれませんよ!』はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こばやし さちよさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ