世界を面白くするのはわたし | こばちとミランの世界のどこかで奮闘記 -ジャパン編ー

こばちとミランの世界のどこかで奮闘記 -ジャパン編ー

ニュージーランドの田舎町で出会った日本人の私とチェコ人のミラン。
ニュージーではビザ取得が難しく、安住の地を求めてカナダのプリンスエドワード島に引っ越し。
二度のアメリカ横断を果たしロサンゼルスで約1年。
2018年10月からは日本での生活をスタートさせました。


テーマ:

こんにちは。

チェコ人の夫、ミランくんと共に日本での生活を始めたこばちです。

日本に引っ越してきてからブログが滞りがちです。。

 

 

英語教室を始めて、子供たちと接する機会が増えました。

 

日本の子供たちやそのお母さんたちと接するようになってきてよく聞くのが、

 

「うちの子、人見知りが激しくて。。」

 

日本の子供たちの多くがシャイなようなんです。

 

私も子供の時は内弁慶というか、シャイだったかもなーとも思います。

 

 

シャイでも良いです。

でも、受け身でいるのはダメです。

 

宿題が出たからそれだけやれば良いのでは身に付きません。

学校で習ってないから、

教えてもらってないから、

知らなくて良いのではなくて。

 

人から何かを与えられるまで、

声を掛けられるまで、

待っている時間が無駄だと思います。

 

というか自分で探検・探求するのが楽しいのにアップ

 

 

じゃあどうしたら子供たち自ら行動に移すようになるのか。

原動力となるものは、やはり興味を引くもの・面白いものです。

 

 

私の子供の頃を思い返してみました。

 

母が昔絵を描いていたと聞き、見せてもらったらそれが美しかったんですキラキラ

憧れました。

 

母のような絵を描きたいと思って、自分の手などをモデルに写生を始めました。

練習という作業はあまり好きではなかったんですが、絵のデッサンの練習は苦ではありませんでした。

 

母の手のように美しくなかった私の手の写生はどう描いても美しくなく、愕然としましたしょぼん

だから美しい手になりたいと、せめて美しい手のしぐさを学ぼうとしました。

 

 

他覚えていることと言えば、図鑑や世界の国々の写真が身の回りにありました。

 

神秘的な宇宙に魅せられ、

美しくも恐ろしくも感じられる植物に衝撃を受け、

圧倒的に異なる世界の国々に思いを馳せました。

 

時間を忘れて地図を眺め、

小さな文字で難しい漢字が並ぶ図鑑を苦労しながら読み、

図鑑を見ながら絵を描き、

秘密の物語を作りました。

 

 

人は常に何かしらの影響を受けています。

親から、
お友達から、
周囲の人々から、
テレビから、
ゲームから、
本から。。

影響がないなんてことはありえません。
 

何に興味を持つかはその人を取り巻く環境に拠ることが大きいんです。

 

 

そして身の回りにあるものの中から素敵だと思えるものを選んだのは、自分自身です。
たくさんの様々な影響を受け、しっかり自分の気持ちや意見を持っていてもらいたいと思うんです。

 

良いなキラキラ

と自分の気持ちが動くものを見つけたらあとは簡単。

真似したり、似たようなものを探したり、本を読んだり、そうやって勝手に学ぶんです。

 

子供たちには周りを見て合わせるんじゃなく、
面白いと思うものにのめりこんでもらいたい。



 

ということはですよ。

子供たちの世界を広げるために、大人もいろいろな所にアンテナを張っている必要があるワケなんです。

大人がいろんなところに面白さを見つけられる人であった方が良いんです。

 

 

面白さは自分で見つけるものです。

 

受け身でいてはツマンナイはずです。

何だって見ているより行動した方が面白いですから。

踊らにゃ損なんです。

 

 

ですが行動するのは面白いことばかりじゃないです。

 

大変な手間や労力、タイミングもあるし、お金がかかるかもしれません。

だから諦めるという人も多いでしょう。

 

そしてやっぱりツマンナイ日々になるわけです。

諦めたら行動したときの面白さは手に入れることができません。

 

 

面白いと思ったら行動ですアップ

 

でも実際どうしたら良いのか分からないんです。

大人も子供も、自由に使えるお金だって限界があります。

 

だから、工夫するんです。

 

身近にあるもので、世界で唯一の自分オリジナルのなんちゃってなものを創るんです。

買えば良いってもんじゃないと思うんです。

 

ちょっと背伸びして、

ちょっと工夫して、

ちょっと無理して時間を作って、

自分で考えて創り出すから面白いんです。

 

大人も子供も、考えて作って、自分だけの宝物時間を過ごしましょう。

 

 

 

関係ないんですが、先日ミラン君が「クリスマスライトのようなものがあるビックリマークおーっ!」と。

せっかくなので夜に見に行ってみました。

 

コレ下矢印でした。

工事中のサインのためのライト。

ムービーまで撮ってるからびっくりです。笑

確かにこんな工事中ライトは他の国にはないかも。

 

 

一日はみんなに平等にあります。

せっかくの日々、面白いものにしていきましょう。

 

まずは大人が、楽しみましょうアップ

 

考えて、作って、笑って、自分が主役の世界を生きましょう。

楽しい大人を、子供たちに見せつけましょう。

 

大人が楽しいと、未来もきっと楽しいはず。

 

↓ぽちっと応援おねがいしますお願いラブラブ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

個人的な相談などがありましたらFacebookページからお気軽にどうぞ。

下矢印よければフォローお願いしますチュー

Facebookページこばちとミラン

Instagramkobachism

 

下矢印オンライン英会話はコチラからお問合せください。

english@zaprianov.com

 

下矢印タバコをやめたい人のための電子タバコ、ベイプのお店はコチラ

www.vapez.jp

こばちさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ