建国記念の日 | 彦根の行政書士 こばやしみはる〜成年後見・相続・行政手続〜

彦根の行政書士 こばやしみはる〜成年後見・相続・行政手続〜

滋賀県彦根市にある、行政書士こばやし法務事務所のブログです
★成年後見(障がい者・高齢者)★
★相続コンサルティング、終活★
★結婚、離婚の相談★
★入管業務★
英語・ポルトガル語・タガログ語・中国語 各国語通訳と提携!

こんにちは。彦根のサザエさん
行政書士 こばやしみはる
 です。

いつもありがとうございますキラキラ

 

今日は、建国記念の日ですね。
ブログを書こうとしたら、建国記念の日スタンプがありまして。

ということで、建国記念の日について書いてみよかと・・・

建国記念の日はいつ定められたの?

建国記念の日として、物心ついた時から、祝日のイメージがあったこばやしです。
 
「建国記念の日」は、「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として、
1966(昭和41)年に定められたそうです。
 
(どおりで1981年生まれの私は、生まれた時から祝日なわけです)
 

この2月11日という日付は、

初代天皇とされる神武天皇の即位日である

《旧暦》紀元前660年1月1日からきていまして。

 

明治に入って《新暦》に換算した日付というわけなのです。

 

明治時代の紀元節から昭和の建国記念の日へ

建国を祝う文化は、明治時代からありました。
「紀元節」と呼ばれる祝日です。
 
しかし、第二次世界大戦後に、
「紀元節を認めることで、天皇を中心とした日本人の団結力が高まる」と
GHQが懸念したことにより「紀元節」は廃止されることになったそうです。
 
 

なぜ「~~の日」?

「建国記念日」でもいいのではないかと思うのですが、
なぜ、「建国記念の日」なのですしょうか。
 
それは、
クローバー「紀元節」の復活に反対する人たちがいたこと。
クローバー神武天皇の即位日が、史実上確定していないこと。
という理由があり、、、(所説あります)
 
史実に基づく建国された日を確定して祝うという意味ではなく、
単にに建国されたという事実をお祝いするという考えのもと、
「記念日」ではなく「記念の日」となったそうです。
 
「の」の言葉ひとつに深い意味がある。
なるほど、日本の深さだなぁと感じますねアップ
 
 
 

あなたもスタンプをGETしよう

あなたもスタンプをGETしよう

彦根の行政書士 こばやし みはる

こばやし法務事務所★事務所案内 彦根・米原・長浜・近江八幡 成年後見、入管、相続、家族関係の専門家
 キラキラ各士業・専門家・通訳と提携! キラキラ事前見積もり・明朗会計で安心!

《事務所ホームページ》https://kobayashi-gyousei.com
《ご相談・お問い合わせ窓口》http://kobayashi-gyousei.com/お問合わせ/虹メール24時間受付中
《取り扱い業務一覧・料金案内》http://kobayashi-gyousei.com/料金案内/
赤薔薇成年後見(障がい者・高齢者)
おばあちゃん相続・終活アドバイス結婚指輪結婚・離婚・人権問題サポート地球入管関係(ビザ更新・帰化)

《各種外国語対応》キラキラ事前に予約が必要ですキラキラブラジルポルトガル語地球タガログ語アメリカ英語中国中国語 《行政書士こばやし法務事務所》TEL : 0749-49-3878 FAX : 0749-26-7879〠522-0041滋賀県彦根市平田町121-2車駐車場完備車