クリスマスの豪華デザート | 出会いは自分の努力で作れるもの
2011-12-25 20:20:30

クリスマスの豪華デザート

テーマ:料理

山形出身の私は毎年リンゴがひと箱送られてきます。


大学時代に、家庭教師のアルバイトをしていたので、

そのお宅にリンゴをおすそ分けで持っていこうとしたら、

そこのお母さまが青森出身で逆にもらってしまったのリンゴ


磁石のように引き寄せあって集まるリンゴリンゴリンゴ


どうやってたくさんのリンゴを食べたらいいか聞いたら、

そのお母様が

「ワインで煮るといいのよ」


ワイン


「蜜が抜けてスが入ったりしたらよくそうやってるの。レモンを入れてシナモン入れてもおいしいよ」


それから毎年、ぜいたくに山形県産リンゴで作ってます。


何度か作りましたが、

生で食べてもおいしいリンゴで作った方が美味しいリンゴリンゴ


今年はもうすぐケニアに行くし、

明らかに食べきれないのでぜいたくに使いました。


リンゴ材料リンゴ

リンゴリンゴ3~6個

リンゴ赤ワイン1本【安いので十分】

リンゴレモン(完熟ならなくてもOK)

リンゴシナモン(あれば)


まずリンゴを食べやすい形に切ります。
モテ期ゼロからのベストパートナープロジェクト-SH3H0289.jpg

蜜が入っててこのまま食べても甘いです
モテ期ゼロからのベストパートナープロジェクト-SH3H0290.jpg

深い鍋にワインをあけて、リンゴをいれる。

これで6個分

モテ期ゼロからのベストパートナープロジェクト-SH3H0291.jpg

これも叔母からもらったゆず。

レモンでもいいですが、たまたまあったので。

煮ると苦くなるので、種はとりましょう。
モテ期ゼロからのベストパートナープロジェクト-SH3H0292.jpg

弱火でことこと煮る。

沸騰したら蓋をして、

しっかり換気をしてください。

アルコールに反応して、毎回、ガス漏れ警報器がなってしまいます。

2時間程度。この料理で注意するのはここくらい。
モテ期ゼロからのベストパートナープロジェクト-SH3H0293.jpg

煮詰まってきたらシナモンを入れます。

甘みが弱いときは砂糖でもいいけれど、

あればはちみつもおススメ。
モテ期ゼロからのベストパートナープロジェクト-SH3H0294.jpg

二時間ほど煮ると、ワインの水分が飛び、

リンゴも煮詰まってこんなに量がすくなくなるの。

焦がさないように注意。
モテ期ゼロからのベストパートナープロジェクト-SH3H0295.jpg

すが入ったリンゴで作る場合は、

必ずレモンを入れないとリンゴがぐちゃぐちゃに形が無くなるので、

ご注意ください。

ほんのり自然な甘さで

本当に上品な味になるの。

パイ生地に挟んで焼いて、

大人のアップルパイにしてもおいしい。

あとは出来上がるのを待つだけ~。

これが食べれる方はラッキーです。

● 自分に合うパートナーに出会いたい方へ


1 個人相談のメニュー
2 セミナー・イベント情報
3 書籍紹介

● このブログにご興味持って下さった方へ


4 菊乃の自己紹介
5 過去の人気ブログ一覧
6 メルマガ登録
 (PCメール受信拒否設定の携帯電話からはご登録出来ません)

菊乃さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ