幸せに遠慮は不要 | 出会いは自分の努力で作れるもの
2010-04-21 17:12:05

幸せに遠慮は不要

テーマ:起業家 出会い

今日も執筆のために、家にいます。洗濯して買い物して布団干して掃除して、気がつけばあっという間だったけれど、なんだかすがすがしい。


出版も自分でお金払ってまで出したい人がたくさんいるなかで、電子書籍出版できる私は幸せ何だろうなぁ。
もっと丁寧にいいものを書こう。


先日、テレビ出演を果たした紹介されたメンズエステ経営者の坂本さんと ランチしてきました。
横浜の絶景レストランでお腹一杯

仕事もプライベートも充実した美人です。横顔が見とれるくらいチャーミング。なかなか小悪魔です。


「○○しないといけない」とか私は直ぐに肩に力が入るけど、そういうのが無くて自然体で素敵な方。

見た目と違って、お酒大好きで牛丼食べ比べとかやってるお茶目なブログも好評です。

好みの男性を聞いてみたら「特に無いかな。」


好みの男性のタイプが特に無いって素敵ですよ。

だってどんな男性とでもうまくやれるってこと。

男性に注文付けちゃう人ほど、ストライクゾーン狭いから幸せになりにくくなる。


こういう風に言える人を私は他にも知っている。

セレブモデルで有名な森泉とマリエも何かの番組で司会者から聞かれて

「好みの男性のタイプは特に無い」言っていたの。

周りは「そんなわけ無いだろう~!!」とブーイングでした。


でもきっと坂本さんも森泉さんもマリエさんもそうなんだと思う。


一人でも幸せな人って他人に注文付けないんです。


カッコイイ~


幸せになりたい方いると思う。

私だってそう。坂本さんを見ていて思うのが、本当に幸せな人って幸せを追ってないなと。


坂本さんと比べたら、時間に追われ、ジムにいったりエステしたりしていません。

ただ、名ばかり管理職&小悪魔ミーティングで2足わらじ生活していると、23時過ぎに食事しようが、

ご飯お代わりしようが太らないんです。ジム要らず。部分的にケチつけたらきりが無いけれど、

服を着ている分にはスタイルに大きな問題は無い。


エステも行っていないけれど、夢中になるものがあって彼氏がいると同じスキンケア続けていても

肌荒れしない。

菊乃は毎年季節の変わり目ごとに大量の吹き出物が出て、皮膚科に通っていましたが、

2足わらじをはじめてから肌が丈夫になりました。


つい、「大変」って言うとがんばっているように見えて、自分でもそう感じて言ってしまいがち。

でも楽しいです。


大変って言うのを止めて、楽しく執筆してますって言おう。

私は一人でいても幸せです。

楽しすぎて他のことしてないだけ。

菊乃さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ