ナチュラルハイ

テーマ:

 

書きたいことは次から次へと湧き出てきてあれもこれもってほんとに止まらんのだけど、あっちのブログだとトップに載せる1コマすら加工に手間がかかる、以上に(1コマにおさめるため)余計な頭を悩ませるため自由に書けずムキイィィってなってますこんにちはテンション高めでお送りいたします躁状態かねコレ読みにくいから句読点入れろってわたし。

 

 

おまけ的に載せてるリンク先で読みふけったりYoutubeに見入ってたりするのでますます捗りません(知らねえよ

さらに五輪中につき超テレビ見てます(知らねえよ二回目

なんか楽しそうだな私!

 

 

 

バレンタインでしたねえ。

 

 

旦那様が会社の人にもらってきたゴディバを今年もおいしくいただきました。

すげーかわいい4粒入り、一瞬で平らげました。

ああもう、どうして食べるとなくなっちゃうんだろうね?(当たり前だ

 

 

 

五輪きのうはメダル4個も!いやーどれもこれもすばらしかった。

歳のせいかね涙腺緩くなっちゃってもうね…!

 

スピードスケートのコンマ秒の争いもアツいけど、複合クロスカントリーの駆け引きもまたたまらんね。

マラソンとか競輪とかにつながるものがあるっていうか、ぶっちゃけ先の数周っている?最後の1周だけでよくね?って思う瞬間もあるんだけど、やっぱそれもひっくるめてなんだよねええ。

イヤー面白い!!!

 

 

ちなみに五輪関係の記事はあっちでもこっちでも書いてますのでよかったら併せてどぞ。テンションあがりまくってます。そんで金は取れるの?羽生くんなの?ハラハラすんなーもう!↓

 

 

平昌五輪メダルラッシュ! / 冬季五輪

 

 

 

相変わらず意識がメチャクチャ散漫っていうか、ひとつのことをぐるぐる考えるのももちろん好きなんだけど、煮詰まってくるほどに散らかっちゃう。

アプローチ方向はバラバラなほど面白いし、そのほうが案外と欲しかった回答への近道だったりするしね。

リアルのフットワークは重くても、脳のフットワークは軽くしておきたいものです。

 

…え、脳自体が軽いって?やかましいわ。

 

 

 

そして旦那様の激務はもう毎度のことなんだけどそろそろ爆発寸前。

いやわたしは待ってるだけなんだから言えた義理じゃないんだが、もうブラックとか激務とかそういうレベルの話じゃないよあんなの。

人間らしい暮らしなんてどこ吹く風、奴隷や家畜だってもっとちゃんとした暮らしさせてもらえるぜ。

 

 

分刻みの移動と百年先まで終わらなそうな書類の山、鳴りっぱなしの電話、コンビニに寄る時間すら惜しい、メシなんて食ってる暇がどこにある。

正月休み以降休みらしい休みはありません。少しでいいの、寝かせてあげたい…

ハードすぎます。超売れっ子アイドルだってこんなスケジュールないわ。死んじゃうよホントに。

 

 

で、そんな彼を夫に持つ妻としては胸張って「こんなの異常だ!過労で倒れたらどうしてくれるんだ!ブラック反対!」って言えればいいんだろうけど、これがそうもいかないんだよな…

 

 

そりゃ実際おかしいとも思うし心配でもある。

ない胸を痛めて毎日まんじりともしない気持ちで彼の帰りを待ってたり待ってなかったりするわけだし。

 

 

だけど、仕事側から見るとどうにかしなきゃならないし、誰かがやんなきゃ終わんない。

誰かがいつかやってくれる、なんてあり得ない。

誰もいつまでもやってくれないから、もといできないからこんな羽目になってるわけだし。

 

 

死んだり身体壊したりしたら元も子もないけど、現実に現在進行形でありがたいやら切ないならだが彼は元気で健康だ。つーかなんて頑強なんだ。

限界でぶっ倒れるまで走るしかないだろ。

 

 

そして限界なんて言葉、彼にはあってないようなもんだ。

あの人「がんばればできないことなんてない」ってマジで思ってるからね。

今からでも何の種目でも金メダルだって取れるっていつも言ってる。

それは言い過ぎでも、実際それに近いところまで行っちゃいそうで怖い。

つまり、それだけ努力して努力して努力しまくる男だってことだ。

 

 

もはや指くわえて見てるしか処方がない。

 

 

で、わたし自身なにかスキルを身に着けて彼のサポートをしたいと切実に思う、反面。

あさましい話で恐縮だが、仕事面での具体的サポートをタダ働きでするのはなんか釈然としないなと思っちゃう。

 

 

だってさ、そのために会社組織があるんじゃない。

総務とか事務とかそういう雑務を引き受けるための部署があって、そこの人達は保証も給料も待遇ちゃんとしてもらって存在してるわけじゃない。

いっぱいいっぱいの状況下だからこそ、そこの人達もちったあ自分の時間を貢献して協力するべきじゃない。

そうしてはじめてチームが機能するんだろ。

 

 

そしてわたしはチームの一員ではない。

言うなればサッカーチームの熱心なサポーターみたいなもんだ。

声出してめいっぱい応援するし、一喜一憂も選手たちとともにする。人生すら選手やチームの結果に振り回されることしばしば。

 

 

でも、プレイはできないんだよね。コートに入って行って一緒に玉蹴るわけにゃいかない。

もどかしい。

 

 

もういっそ選手になりたい。

すぐ飽きるし弱音吐くし見切りも適当ですべてにおいて雑だから、いざ社会人になっても通用しないぜっていつも旦那様に言われるけどさ。

それはもちろん当たらずとも遠からずではあるんだけどさ。

 

 

でも、責任感のあるなしって全然全然、ホントに全然違ってくる。

やらねばならん、しかもお給料もらってる、ってなったらそりゃ寝食忘れてがんばるよ。

やれる自信がわたしにはある。いやきっとやれる。やれないことなんてない。

 

 

問題は、それやっちゃうと完全に「家」が野放しになっちゃうだろうなってこと。

そこは間違いない。飯も掃除も洗濯さえまったくやらなくなると思う。

 

 

 

さあこの先人生どうなっていくんでせうか。

とりあえず、旦那様と寄り添って生きていくことだけは確定です。

 

 

 

毎日まあまあ丁寧に更新中

 

そろそろ更新したいな

 

もうちょっと自由度広げてもいいかなあと模索中