こんにちは^^

 

新年明けてから2週間くらい経ちましたね!

 

 

そろそろ年始に立てた目標が崩れ始める頃ですかね笑

 

 

さて!

 

歌手でもないのに何様やねんって感じでしゃーしゃーとブログで自分の歌をUPし続けてる私ですが、

 

音楽に対する想いくらいは一般人でも持っても良いだろう!!!(よくわからんノリ)

 

ということで歌に対する想いを書きますね^^

 

 

音楽を始めたのは幼稚園の年少からで近所(となりのとなりくらいの家)にピアノ教室があったことがきっかけでした(多分)

 

それから小学5年生までピアノを習っていてメヌエットくらいで練習が嫌になって辞めました

 

高校3年の秋の受験期開始くらいから勉強の合間に気分転換で久石譲さんの曲とかを自主練するようになってどハマりして何曲か弾けるようになりました

(もう全部忘れてるんですけどね笑)

 

 

卒業後、大学でアカペラサークルに入ったのが本格的な音楽とのふれあいの始まりでした

 

そこのサークルが結構「ガチ」なサークルで本当に週6日平均一日4時間ずつくらい練習したからです(今思うと部活より部活、、、)

 

その練習の中でコードとかも勉強したので今はピアノでコードを押さえて歌うくらいの拙い弾き語りならできるようになりました^^

 

 

音楽ってメンバーの声を聞いて合わせて歌うので、信頼関係とかすごく大切なんですよね。

 

例えば、体調が優れないメンバーも一緒に歌ってるとわかるんです。

その人がどんな気分なのかなあとかも

 

 

いつもこういう風に歌うのに今日はこんな気分なのかなあとか

 

 

なんかその人がめちゃくちゃ感情を入れて歌う時はこっちも高ぶりますし、逆にこっちの感情が相手に伝わるのも面白くて。

 

 

歌や音楽はその人の根本の人間性が出たり

その人のその時の感情が出たりする

 

特にうまくないのにすごい感動したりすることってありませんか?!笑

 

 

歌で感動させられる人はその時の感情表現や根本の人間性によるんじゃないかなあと思います。

 

歌の技術もそうですが、限界があるので、私はみなさんが幸せになれ!だとか楽しいなっていう感情が歌に乗せられたらと思っています^^

 

 

いつも拙い歌を聞いてくださってありがとうございます

 

そんなわけで歌が大好きですってお話でした!

 

 

今日も幸せな良い一日をお過ごしください!