目に見えない血液透析 | 時代に乗り遅れないための基礎知識

時代に乗り遅れないための基礎知識

現代を裏側から見つめ直し、しっかりと生き残っていくための知識解説していきます。


テーマ:
末期腎不全の治療として、
『血液透析』というものがあります。


内科的治療は、往々にして予測の上で成り立っています。

薬を投与したり、血液を綺麗にしたり、と色々とやってはいますが、
では実際にその治療が確実に行われているかというと、
実はよくはわかりません


『おいおい、そんなんじゃ困るよ』

『人の体なんだから、しっかりやってもらわなくっちゃ!』


などと非難の声がガンガン響いているのがわかりますが、
本当にわからないのです。

この事実をきちんと伝えている医療者は
いったいどれくらいいるでしょうか?


外科は、あなたも知っての通り、切った張ったの世界ですから
体を切り開いて患部である病巣を
しっかりと確認しながら取り除きます。

ズレてしまったところは手を加えて元に戻します。

使えなくなった自己組織は、新品の機械などに交換します。

これが外科ですよね。

キチンと目で見ながら行います。


これに対して内科治療は、
実際に起きている現象をしっかりと
目に見ながら行うことはできません。

目で確認して見ることは不可能ではありませんが、
顕微鏡レベルです。

現場でいちいち顕微鏡を持ち出して

『あー、見えた見えた。
 しっかりと治療できていますね。
 これで大丈夫です!』

なんて病院ありますか?

あったとしても、より胡散臭さが増しますよね。


ではどうやって治療できているかどうかを確認しているのでしょう?


ずばり・・・




・・・つづきが読みたい方はWordpress版ブログへ

 ⇒ こちら



これからも読んでみたいと思った人は、
ぜひ応援クリックをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓





knuckle47flさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス