ゴール!!

 

新学期が始まりましたね。

Tera賀茂塾も10周年の1年も終わり、20周年に向けてスタートです。

 

20周年のTera賀茂塾は、どんな塾に?

 

今よりもっと多様な教室をやっていたい。

 

始めたばかりの野菜教室ももっと幅広くチャレンジできる教室に。

例えば、野菜を作るに留まらず、作った野菜を使って料理やスイーツに加工したり、

作った料理に合う器や箸などを陶芸や木工で作ったり、

最終的には、作ったものを販売したりする教室。

 

子供たちの卓球教室や将棋教室も技能を身に付けるだけでなく、

卓球や将棋をするロボットを作ったりできる教室。

 

レールに乗っける学習指導から、自らの道を自分で探せる、

いろんなことにチャレンジできる教室運営を目指したいと考えています。

 

「理想はすばらしい」と皆さんからお褒めの言葉を頂きますが、

「でも難しいんじゃないの」と悲観的な意見が大半。

今の時点で「本当にやる」と考えているのは僕だけ?

 

でも今話題のメジャーリーガー大谷翔平選手は、

大半の悲観的意見を裏切って、メジャーで二刀流を見せつけています。

「メジャーで二刀流で成功するというゴール」が

大谷選手だけに見えているのかもしれません。

 

自分の道を自分で見つけようとする能力。

これまでTera賀茂塾の学習教室もこの能力をつけるために努力してきましたが、

この春から理念が一致する学研さんのお力を借りることになりました。

 

学研の学習方法は、無学年一緒に学習する方法。

しっかり自分というものと向き合わないといけない学習方法です。

ただ聞いていればいい授業はありません。

自分の力で最後までやり通す力が、自分の道を見つける力になると思います。

 

今、学研のCMは卓球日本代表張本智和選手が起用されています。

彼も次々に最年少記録を塗り替えています。

張本選手には、どんなゴールが見えているのでしょう。

見えているゴールまでどんな道を進むのでしょう。

これからが楽しみです。

 

Tera賀茂塾のこれからも楽しみにしていてください。