Tera賀茂塾とは

 

 

Tera賀茂塾のTeraとは10の12乗という意味があり、

それだけ沢山の出会い、縁がありますようにという意味で付けられました。

賀茂は賀茂台地にどっしりと構えらるようにという思いがあります。

 

多くの方は寺賀茂塾だと思っていらっしゃる方がおられます。

寺家という町の寺子屋的存在でもあります。

もともと吉田松陰の松下村塾も意識にありました。

 

今現在Tera賀茂塾では、2歳から80歳までの方が来られています。

何歳になっても学びあえる場所を提供したいと思っています。

 

Tera賀茂塾は、大きな家族のような感じです。

沢山の孫、沢山の子ども、沢山の父母、沢山のおじいちゃん、おばあちゃん。

自分の孫や子どもでなくても、卓球卓球をしたり将棋王将をしたり、

応援し励まして下さいます。

 

核家族の多い時代ですが、Tera賀茂塾に来れば、妹、弟、姉、兄がいて、

年齢の大きな子は小さな子の面倒を自然とみます男の子こども女の子おんなのこおとこのこ

 

卓球や将棋の強い子は、新しく入って来た子ども達に教えます。

みんな最初は弱くて当たり前で、強い子に相手してもらって段々強くなっていくのですから、

強いからと言って弱い子の相手をしないのは許されません。

お互い様なのですから。

 

そして、Tera賀茂塾を卒業していった子ども達は夏休みや、冬休みなど、

Tera賀茂塾に里帰りして、後輩達の相手をしてくれます。

本当に有難いですし、嬉しいです。

 

アルバイトで指導に来て下さっていた大学生も社会人になって羽ばたいていき、

facebookなどで、結婚したり、子どもが生まれたりしたのを知ると、

本当に嬉しいし、よく頑張ってるな~と思います。

幸せな家庭を築いてほしいと願いますWハート

 

私たち指導者も、何歳になっても子ども達や生徒さんから、毎日色々な事を気づかされ、

学ばせてもらっています。

 

Tera賀茂塾はそんな多くの人たちに支えられて成り立っています。

本当に心から感謝ですハートぃっぱぃ

 

そしてTera賀茂塾がそんな温かい場所でありたいと願っています家