いつもご覧頂きありがとうございます(^^)
皆様の応援のクリックをポチポチっとよろしくお願いいたしますm(__)m
 
 ※アメブロに登録されていない方でもクリックできます
 
 
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
 
 
 
✨吉野塾 直前 鬼特訓✨
 

※8月の時点で、両日ともお申込者が120名様を超えたため、教室を拡大しましたm(__)m

 
 
✨超人気 ワンコイン模試✨
 
昨年も1,000名以上の方にご利用頂きました(^^♪
 

 

 
 
 
法令税等 一問一答
 
 
過去問をベースにした吉野塾オリジナル問題です。
 
基本知識が定着しているか確認できる内容を構成しています(^^♪
 
 
【法令税等 農地法①】
 
・市街化区域内の農地を耕作の目的に供するために取得する場合は、農地法第3条1項の許可を受けなければならない。

 

 
 
☆シンキングタイム☆
 
 
 
チ、
 
 
 
 
チ、
 
 
 
 
チ、
 
 
 
 
チ、
 
 
 
 
チ、
 
 
 
 
チ、
 
 
 
 
チ、
 
 
 
 
チ、
 
 
 
 
チ、
 
 
 
 
チ、
 
 
 
 
チ、
 
 
 
 
チ、
 
 
 
正解は、〇(正しい)です。
 
 
3条においては、市街化区域内の特例(4条・5条にはあり)はないため、原則通り農業委員会の許可が必要となります。
 
 
今回の問題は農地法 3条許可の問題です。
 
 
農地法の学習ポイントは3・4・5条の原則と例外を正確におさえること!!
 
 
まずは、3・4・5条、それぞれの対象となる土地や、対象となる行為許可権者をしっかり。
 
 
そして、次に例外(許可不要)規定です。
 
 
例外規定ばかりに目がいってしまう方が多いので、ちゃんと基本・原則を大事にして下さい♪
 
 
 
 
 
なんと、この表だけで直近3年の過去問(正解選択肢)が解けます!!
 
 
平成30年.29年.28年の農地法はコレだけで1点ゲット✨
 
 
この表だけを押さえれば、農地法は今年も1点取れる可能性が高いです(^^♪
 
 
農地法は合格者と不合格者で差がつきやすいので、油断しないように⚠
 
 
 
宅建士 出るとこ集中プログラム✨
 
直前期に最適♪  大人気です✨
 
情報量は、一般の書籍の半分以下
それでも、この本で平成28年度は42点、平成29年度は41点、平成30年度は40点取れる内容となっていますチョキ
 
 
 
 

 

 

 
 
皆様の応援のクリックをポチポチっとよろしくお願いいたしますm(__)m

 

アメブロに登録されていない方でもクリックできます

 

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ