いつもご覧頂きありがとうございます(^^)
皆様の応援のクリックをポチポチっとよろしくお願いいたしますm(__)m
 
 ※アメブロに登録されていない方でもクリックできます
 
 
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
 
 
 
✨宅建士 お盆 超特訓✨
 
詳細は、下記をクリック♪
 
 
 
 
 
法令税等 一問一答
 
過去問をベースにした吉野塾オリジナル問題です。
 
基本知識が定着しているか確認できる内容を構成しています(^^♪
 
 
【都市計画法②】
 
・特別用途地区は、用途地域外の一定の地区における当該地区の特性にふさわしい土地利用の増進、環境の保護等の特別の目的の実現を図るため、当該用途地域の指定を補完して定める地区である。
 
 
☆シンキングタイム☆
 
 
 
チ、
 
 
 
 
チ、
 
 
 
 
チ、
 
 
 
 
チ、
 
 
 
 
チ、
 
 
 
 
チ、
 
 
 
 
チ、
 
 
 
 
チ、
 
 
 
 
チ、
 
 
 
 
チ、
 
 
 
 
チ、
 
 
 
 
チ、
 
 
 
正解は、×(誤り)です。
 
 
特別用途地区は、用途地域において定められます。用途地域外には定められませんので、誤りです。
 
 
特別用途地区は、抽象的な条文なので、なかなかイメージが難しい。。。
 
 
わかりやすく説明します。
 
 
特別用途地区は、一言でいうと、用途制限を調整する都市計画(プラン)です。
 
 
13種類の用途地域には、それぞれ用途制限(建てられる建物と建てられない建物を決める規制)があります。
 
 
その用途制限をより厳しくしたり、緩めたりすることができます。
 
 
例えば、東京の例でいうと、神保町付近には文教地区という特別用途地区が指定されています。
 
 
あの辺は、日本大学とか学校が多く存在します。
 
 
そして、用途地域は商業地域です。
 
 
商業地域は色々な建物を建築することができます。
 
 
なので、風俗店とか大人のお店を建てても問題ありません。
 
 
しかし、どうでしょう?
 
 
学生の街なのに、そんな建物ばかり建てられていたら学業に支障が出ます。
 
 
そこで、用途制限の規制を加重(より厳しく)し、本当は建ててもOKなんだけど、建ててはNG!としているわけですね。
 
 
これが特別用途地区です。
 
 
 
用途地域にある用途制限を調整するものですから、当然、用途地域「内」にしか指定できないということです。
 
 
用途地域外には指定できませんので、注意して下さい(^^♪
 
 
 
 
✨書籍販売等のお知らせ✨
 
 
情報量は、一般の書籍の半分以下
それでも、この本で平成28年度は42点、平成29年度は41点、平成30年度は40点取れる内容となっていますチョキ
 
 
 
 
 
✨直前対策講座のご案内✨
 
詳細は、下記をクリック♪
 
 
 
 
 
 
皆様の応援のクリックをポチポチっとよろしくお願いいたしますm(__)m

 

アメブロに登録されていない方でもクリックできます

 

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ