不用意でした…して、その結果は!? in ひだ池 | knokappa(ケのカッパ)釣行記 ★★ヘラ時々ロック★★

knokappa(ケのカッパ)釣行記 ★★ヘラ時々ロック★★

ヘラブナメインの釣行ですが、55歳を過ぎてから、ロックフィッシュも始めてみました。
      メバリングもアジングもやりたい!!
          キスも釣りたい…
     老体に鞭打って(釣り)頑張ります(笑)

<釣行日:2019.04.21>
 
日中は初夏を思わせる気温になるって予報の中、行ってきましたヘラブナ釣り。
 
今回は、中川へら研の例会に参加です。
 
例会は、新桟橋に1組(私達)と旧桟橋に1組だけで以外と空いてます。
 
状況を確認すると2つのキーワードが…
・コブセットが釣れてる
・浅いタナが釣れてる
 
コ、コブセット!?
 
エサバックの中をまさぐります。
 
しかし、
 
両ダンゴ系のエサは入ってません。えーん
(コブセットは、両ダンゴに近いブレンドで作るので…)
 
が、
 
Sレッドと特Sがあったので、何とか(コブセットが)出来ると思い準備します。(そもそもあり合わせのエサでやるってのが間違いだったと後で気づきました)
 
釣り座は、ほぼ中央(12名中手前から5人目)。
 
06時45分、私とニャニヲくん(手前から3人目)のみコブセットでスタートします。
 
 
開始早々、固形セット組がポンポンと竿を絞ります。
 
が、
 
すぐに、止まってしまいました。(居るけど食いアタリを出してくれない…)
 
固形セットがこんな感じなので、コブセットでは生命反応を感じることなく時間が過ぎて行きます。
 
それでも
 
(少しづつですが)気温の上昇とともにウキが動き出します。
 
エサをボソからヤワボソに変更し、少しだけ持たせるように調整…
 
07時20分、一節残っていたトップがスッとなくなり第一号。(半信半疑であわせたら乗ってきました)
 
その後も
 
”いいペース”になることはなく、ポツリポツリと拾って行きます。
 
09時半を回った頃、急にアタリが飛びます。
 
タナが下がったはてなマーク
 
竿を変更(8→10尺)し深いタナを狙ってみます。
 
が、
 
10時20分の昼休憩まで一枚も追加することなく前半を折り返します。
 
10時50分再開。
 
11時20分、いきなりのアタリで後半の第一号を釣り上げます。

が、
 
たまーに出るアタリで拾っていくものの
 
10尺のタナにヘラが居ないように感じます。(もっと上かもっと下)
 
12時30分過ぎ、浅ダナに変更します。
 
エサは、Sブルーをメインに作り直しました。(このSブルーもバッグの底にあったものでかなり年数が経っている代物…)
 
13時に再開。
 
しかし
 
エサが開きません…
 
手水を打ち、生麩を足して開きをよくします。
 
が、
 
すぐにエサが締まって開かなくなります。
 
試しに、エサを丸めてボールに入れてみると…
 
底釣りのエサ!?って思えるくらい開きません。ガーン
 
これじゃダメだビックリマーク
 
元エサを2/3捨てて、残ったエサに手水とバラケマッハを大量投入し何とか開くエサにしました。
 
で、
 
やっとサワリが出るようになりポツリポツリと釣っていきます。照れ
 
が、
 
何の見せ場もないまま終了時間(15時)となり納竿としました。

普段、あまりやらないコブセット。
 
しかも、あり合せのエサでやるって…
 
釣れなくて当然ですよねはてなマーク
 
改めて
 
準備は大事ですよねぇ~!
(早速、エサバックにダンゴ系麩エサも入れました)

(おしまい)
 
by knokappa黒猫

<釣行データ>
釣行時間:06:45~15:00
天気:晴れ
釣果:32枚
      (目指せヘラブナ年間1000枚)
累計:(2019年)154

<仕掛け>
竿:8→10尺
道糸:ダン「へら名人イエロー」0・8号
ハリス:ダン「詳」0・4号、上8cm
      同上 0・5号、下16cm
ハリ:上バラサ8号、下トロ掛4号
ウキ:あざみ「宙」6号 パイプムク
   →  「浅ダナ」5号 太パイプ

<エサ>
(チョーチン)
バラケマッハ・・・・・・2・0カップ
特S・・・・・・・・・・1・0カップ
Sレッド・・・・・・・・2・0カップ
水・・・・・・・・・・・1・0カップ

(浅ダナ)
バラケマッハ・・・・・・1・0カップ
特S・・・・・・・・・・2・0カップ
Sブルー・・・・・・・・2・0カップ
水・・・・・・・・・・・1・5カップ
PBスーパーセット・・・1・0カップ

(クワセ)
極上トロロ(HARD)
 
 
 
 
 

 


中京BIGファミリー
中京BIGファミリー