【治療家・セラピストの方へ】

新規セミナー立ち上げます。

------------------------------------------

ある患者さんのエピソードです。

 

13歳、中学生1年生の女の子。

6月に母親に連れられて来院。

 

症状は

右腕の外側上顆炎(テニス肘)

右足中足骨の疲労骨折

 

問診をしてみると分かったことは

5月に部活(ソフトテニス)に復帰して

1週間ほどで右中足部に強い痛み。

整形外科を受診したところ

『中足骨疲労骨折』の診断。

 

部活を休んでいた理由は

今年の4月に尻もちをついた際の

『尾骨骨折』

その後、部活に復帰したばかりでした。

 

また、昨年4月にも『尾骨骨折』

いつ折れたかは分からないとのことでした。

 

その患者さんを見ていて

気になった様子が…

何となく肩で息をしていて

クーラーが効いた院内でも

しっとりして(汗ばんで)いる。

 

そこである疾患を疑います。

 

身体所見は

呼吸苦軽度+

多汗+

頻脈+(1分間に100回以上)

不眠軽度+

体重減少-

手指振戦軽度+

頚部視診、触診したところ

極軽度に甲状腺が腫れているような感じ。

 

やはり疑いの疾患の可能性が非常に高い。

内科に紹介状を出したところ

 

診断名『バセドウ病』

骨代謝が高回転になって起こる

病的骨折だったのです。

------------------------------------------

 

様々な症状があって

どのような医療機関、治療院を選ぶかは

患者さん本人やご家族、周りの方々。

 

適切な医療機関でなくては

症状が改善しないばかりか

悪化させてしまう事もあります。

 

発見が遅れると予後が不良であったり

何度か即救急車を呼ばなくてはならない

ケースもありました。

 

私の院は先程の例のように

他の医療機関へ紹介状を送る件数が

他院と比べて、かなり多いと思います。

 

その、きっかけとなったのは

私が専門学生時代に

3年間勤務していた接骨院の院長

酒田達臣(さかた たつおみ)先生の姿でした。

 

酒田先生の接骨院では多い時で年間

500件以上の紹介状を書かれることもあり

医療機関との連携を徹底しています。

 

日本で最も鑑別が出来る治療家であると

私は思っています。

 

その酒田先生と再びご縁があり

今回は共にセミナーを開催する運びとなりました。

 

『治療家・セラピストのための鑑別エピソードセミナー』

 

【セミナー概要】

治療院に『来てはいけない』患者さんが

来院した時に役立つ

・エピソード

・鑑別のポイント

・テスト法

・適切な医療機関の選び方

・紹介状の書き方

・リスクマネジメント

等をお伝えさせて頂きます。

 

【日時】2019年10月13日(日)

10時〜13時

 

【場所】アットビジネスセンターサテライト新宿南口駅

JR各線「新宿」駅徒歩1分

 

地図はこちら

 

【セミナー費用】

8,000円(税別)

 

【お申し込み】

こちらから

 

治療院業界にとって大切な内容だと思います。
多くの方々に聞いて頂きたいです。

 

【8月の混雑状況】

こちらです。

 

当院は予約制ではなく仮予約制です。

詳細はこちらです。

 

バランス整骨院 中原エキテンページ

不明.png

【国内最大級】店舗の口コミ・ランキングサイト

エキテンにて『中原区✕接骨・整骨』

口コミランキング1位になりました。

 

バランス整骨院 中原

↑↑↑↑ホームページはこちらをクリック♪

 

〒211-0041

神奈川県川崎市中原区下小田中

2-10-26第5中原ビル1F

TEL/FAX 044-872-7775

治ったら何がしたいですか