こんにちは!神戸、摂津本山の姿勢改善パーソナルトレーナー松井健ですニコニコ

 

 

 

梅雨の時期に気をつけた方が良いことは熱中症と6月病ですねガーン

脱水に関しては過去の記事をご参照くださいアップアップ

 

そして5月病は知ってるけど6月病って何と言われる方もいらっしゃると思いますびっくりびっくり

 

 

 

梅雨の時期は気圧が低く、日照時間も少なくなることで、自律神経に悪い影響を及ぼすと言われています。

雨の時に気分が乗らないや、体調を崩しやすいと言うのにも原因がちゃんとあるんですダウンダウン

 

 

 

更に6月は祝日もないと言うことで、精神的にも負担がくるそうですゲホゲホゲホゲホ

 

 

 

対処方法としては『幸せホルモン』の『セロトニン』を増やすという方法がありますビックリマークビックリマーク

メディアなどにも取り上げられているので知っていると言う方も多いと思いますアップアップアップ

 

 

良くあるセロトニンを増やす方法として言われているのが、

①リズミカルな運動

②タンパク質(トリプトファン)の摂取

③日光浴

④涙を流す(感動で)

⑤腸内環境を整える

⑥腹式呼吸

だいたいこのような事が一般的には言われています爆笑

 

 

あと、十分な睡眠をとるといいとも言われているのですが、セロトニン自体は睡眠時には分泌されないので、休養や身体を休めると言った方が正しいかもしれませんキョロキョロキョロキョロ

では、この中で実際に出来ることを考えていきましょうビックリマークビックリマーク




①リズミカルな運動

リズミカルというとダンスなどを想像される方もいらっしゃいますが、これは足踏みや踏み台昇降、スクワットなどの反復運動でも大丈夫ですウインク

しっかり動きたいと言う方はYouTubeなどにある室内でできる跳ばないダンスなどを行うのもありですね音譜音譜

 

②タンパク質(トリプトファン)の摂取

ジメジメして暑い時期などはどうしても冷たい麺類やアイスなどを食べたくりますよねガーン実際に素麺ばかり食べていると言うのもお聞きします。

ただ、麺類だけの食事になるとタンパク質が少なくなってしまうので、卵や豆腐などを追加して食べると良いと思いますウインク

タンパク質は1日に体重✖️gの量をとって頂きたいので、毎回の食事に意識して追加するようにしていきましょうアップアップアップ

 

③日光浴

梅雨の時期は難しいのですが、日光浴も身体にとって大事になります!!

日光を浴びることによってビタミンDが生成されますし、骨を強くするためにも役に立ちます。

梅雨の合間の晴れた日などは少し散歩に出てみるのも良いと思います音譜音譜

 

④涙を流す(感動で)

感動で涙を流すのは人によっては簡単ですし、僕のような人にとっては難しい事でもあります笑い泣き

オススメの映画などがあれば教えてください笑

 

⑤腸内環境を整える

これに関しては食生活が関係してきますね爆笑

冷たいものを食べすぎたり脂っこいものばかり食べていると腸内環境はどんどん悪くなりますガーンガーン

すぐに改善できるものではないのでこの機会に食生活の見直しをしてみるのはいかがでしょうか音譜音譜

 

⑥腹式呼吸

これは簡単にできますねアップアップ

寝る前や休憩中など時間がある時に腹式呼吸の深呼吸をしてみましょう照れ照れ

 

 

6月になり身体の調子が悪い方や疲れが取れないという方は一度この6つを試してみてはいかがでしょうかアップアップアップ

 

 

 

 

-------------------------------------------------------

姿勢改善

ダイエット&ウエスト引き締め

パーソナルトレーナー

松井 健(まつい たける)

 

指導料金・アクセスはコチラ

ご予約はコチラ

-------------------------------------------------------