お久しぶりなのです。
r&p引続きやってますよー。

ちょいと前のお話ですが、塗装の準備として
錆落としやら、ペーパー掛けやらの下地処理をちまちまやってました。

フレームとかの旧塗膜は全剥離が正義みたいになってるけど、純正塗装って優秀だから無闇に剥がさない派なのね。

でも、なかにはあるの。
全剥離が必要なトコ。
その際、剥離剤とか液体錆落としは金がかかるし、色々と始末が悪いんで、オイラは空冷ワーゲンのレストアの際に(途中でやめちゃったけど 笑)
必要に迫られてサンドブラストに移行したのね。


サンブラって一般的に敷居が高いと思われがちですが、イクラが構想を練りに練って採用したテント方式はとってもお財布に優しいです。
てか、diyレベルじゃ最強 ٩(ˊᗜˋ*)و
{5F4800FC-27F6-4EB8-BCC6-2BFC540458FF}
こんな設備で、サンブラをテントの中で吹くのね。

サンドブラストは直圧式を採用、ブラスト自体ははヤフオクの安いやつ
エアーコンプレッサーは100V2馬力の安物。
テントだからメディアは散らないし、余計なゴミが混じらないから再利用もラクチン、畳めるから場所もとらないのね。


{0638A559-6B72-40F9-89F7-9768C1BF495C}
ノズル部は改良してこんな感じ。
中華の元のやつは使い物にならなかった。
エアー圧5キロ位で充分いけるのね。

今回は軽作業なので、人間の粉塵対策はテキトーです 笑
↑良い子はマネしないように ..・ヾ( ๑´д`๑)ツ


{C95A1498-FA3E-4C38-993B-A6880C19DEA5}
↑あらかたグラインダーで錆落としした部品だけど、細かいトコが落とせないので、ここから先はサンブラなのね。


{636EFFC7-1B7A-4669-A03A-55C9E41F1AC3}
10分位でこんな仕上がりなのね


{E76DDAEA-11E6-4B22-8212-E5ED958A5723}
入り組んだこんなトコもお手の物。
油分も一緒に吹き飛ばしてくれるのね。


ブラストメディアは、安価なガーネットで充分なのね。
大事なのは、ブラスト本体の圧力調整。
メディア押し出し用のエアー圧と、ホース側エアー圧の供給バランスが決まればホントに優秀


構造上、メディアの種類変更は不向きなのね。
ガラスビーズとかも吹きたい人は、もう1台買うか、ラチ空かないけど、お手軽な落下式ブラスターを買いましょう。

ちなみに、メディアの再充填が1番面倒なので、メディアのタンクは大きいに越した事はないのね。


そうそう。
作業中、粉塵がとにかく凄いので、視界とフレッシュエアー確保の為に扇風機で常時空気をテントに送り込んでます。
テントは安物でOKだけど、天井に通気口があるのがオススメなのね。

テントが大きければ、もしかしてクルマのフレームだっていけちゃう? 
夢が拡がりますよねー (o´艸`)


てか、、、
作業員は防塵メガネと防塵マスク付けないとマヂ死ねます  (o´艸`)
出来れば頭巾も欲しいところ


作業がおわって、片付けしたら
とっとと向かいましょう。




お風呂に 

ババンババンバンバン
アッービバビバ
ババンババンバンバン