こんにちは!!

今回のブログ担当は松下です。

 

9月21日〜24日にかけて行われた講習会『底的にボバース 徹底的に療実習』の模様をお伝えしたいと思います。

この講習会の特徴は、徹底的に患者治療をする!という点です。

なんと1人の患者様に対して治療実習時間は1日3時間あります!!3時間治療ですよ?!こんな講習会やってるのは、KNERCだけではないでしょうか!

治療実習は、1回90分のリハビリを1日2回行います。

担当しているプロモデルのワークショップがある日は、90分の治療実習が3回行われます!

 

受講生およびプロモデルの方には、ちょっとハードスケジュールかもしれませんが。。。

しかし!!!

だからこそ得られるものがあるのです!

 

1日に2回治療を行うので、1回めの治療の反省をすぐに次の治療へ活かすことができます。

なので目標に向かって、細かく仮説検証しながら治療を組み立てることを学べます。

治療効果がcarry overしているかどうかもはっきり分かりますので、

自身の技術の向上をはっきり自覚できる講習会なのです!

 

さらに、プロモデルの方も、自身の問題点や治療の効果を感じやすく、

より積極的に治療に参加されるようになり、

セラピストの成長と共に相乗効果が生まれるのも、このスタイルの良さだと感じています。

 

 

グループ分けは、受講生3人に対しKNERCプロモデル1名の編成となっています。

今回、治療実習の新たな取り組みとして、『ャプテンシステム』が導入されました!

『キャプテンシステム』とは、

セッション毎に、受講生3人をメインの介入者(=キャプテン)とサポート(2名)に振り分け、

キャプテンはそのセッションの最高責任者(=主治療者)として、治療の方針を決定し、治療を進めていきます。

サポートの2人は、キャプテンの補佐に徹します。

 

治療後、MBCP(Model of Bobath Crinical Practice)を使いながら、キャプテンはそのセッションで学んだLearning Pointを話し、サポート2人はそれに対してフィードバックを返します。

 

(ん???わかった様なわからない様な...)

 

そんな方々はぜひ、キャプテンシステムを体験しに治療実習つき講習会へ参加しにいらして下さい!!!

(決して、説明できないことをごまかしているわけでは....ないです汗)

 

 

 

濃く充実した講習会は、夜にも及びます。

外も暗くなり、KNERCの中もムーディー雰囲気になってきたところで、みんなでディナーの時間です!!

いやー疲れた身体にコーラが染み渡るのなんのって!

 

 

お腹もいっぱいになったところで実技練習開始です!

ここでは、センター長よりボバース概念に基づいた最新の実技提示がありそれを練習します。

ハードなスケジュールの中、受講生の皆さんは最後まで熱心に取り組んでいる姿がとても印象的でした!

また、教えてもらったことをさらに自分たちで試行錯誤し、より自分たちの臨床に落とし込みやすい様にしていて、改めて先輩方のすごさを痛感しました!

(この作業はとても重要ですね!!)

 

充実した4日間の講習会は、あっという間に終わりがきました。

↑KNERCでは滅多に出さない「修了証」の授与の様子です。

 

 

僕にとって今回の講習会は、大先輩の先生ばかりの中で緊張もありましたが、センター長はじめ多くの先輩方と実技練習・治療実習を行わせて頂き、普段自分では気付く事のできない問題点やそれを見るための視点をディスカッションさせて頂くことができました。

とても充実した日々でした!

 

 

KNERC主催の講習会では、受講生同士が同じ症例の治療経験を通してディスカッションすることができます。

KNERCだからこそできる講習会ではないでしょうか。

 

センター長はじめKNERCプロモデルの皆様・受講生の皆さんありがとうございました!

また、今回受講されなかった方もKNERCでお待ちしています!

 

 

KNERC長期研修生

松下 真大