2011-01-06 09:54:22

◆ フライブルグ郊外の歩道を歩いていたら・・・

テーマ:◇ イタリアのしくみ

イタリアよもやま話
 (ドイツでは、きっちりと歩道・自転車道と車道が別れていますよね。イタリアはまだ少ないし、曖昧な所が多い)

フライブルグで驚いたことがありました。
歩道を歩いていたんです。あと5mくらいで、信号のない交差点にさしかかるという場所でした。
すると、向こうから来ていた車が、おもむろにスピードを下げて徐行し始めたのです。
で、どんどん徐行が激しくなりました。
私は慣れない町に来ているので、思わず、
『まさか、人さらいちゃうやろな・・・』 (今でもこんな言葉はあるのだろうか・・・)
と警戒して歩き続けましたが、横断歩道を渡らずに道を曲がろうとしたとたん、
その車は、スピードをまた元のように上げて進み去って行きました。

『えっ?見込み発進ならぬ、見込み停車の為の徐行やったんや!』
と気付きました。
そんなことが一週間の滞在中に2~3度ありました。

もちろん、ドイツでは横断歩道の端に足をかければ、車は絶対に止まってくれます。
なのに、歩行者を見たとたん、見込み停車までするとは・・・
これって・・・
まさに歩行者天国。
(スイスでもそうです。)

比べて、イタリアは歩行者地獄(それも、地獄絵のような有様)なんですよね。
横断歩道の脇に立ち止まって目でお願いしているだけでは、なかなか渡れない、それが現実です。
すごいスピードでビュンビュン車は通り過ぎて行きます。
立っているのが東洋人だから、なおさら止まらないのかどうかはわかりません。
(金髪のねぇちゃんだったら、止まってくれる確率上がるんだ、これが・・・
ウチの誰かさん見てても、
『かわいいし、止まってあげようか。』っておもむろに言ってるもんねぇ・・・。
そこで止まって、何か芽生えるかっちゅうねん!)

一緒にイタリア人と歩いていると、
『BUTTATI!!(ブッタティ)』 
(直訳:『身を投げろ!』 意訳:『思い切って身を乗り出して進め!おどおどすんな。』)
と言われるんですよね。
彼らいわく、横断歩道で人を轢いたら、100%轢いた方に過失があると法律で決まっているので、
向こうも、そこの所は心得ているから結局は止まる、んだそうです。
でも、あんなスピード出してるのに、止まり切れなかったら?
100%向こうの過失としても、轢かれたくないんですけど・・・。
ボーっとして運転してる人とか、携帯に夢中になってる人、多いやん!!


イタリアよもやま話
( 住宅地ですよ、という表示が大きくありました。 )


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

kndchkさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

8 ■>nyari2さん

やっぱりそうなんですね!!それにしても、ドイツ人がイタリアで歩いたら、すぐに弾き殺されますねぇ・・・。

7 ■たしかに

ドイツだと横断歩道付近に人がいると車は徐行しますよね。私も運転しているときは、横断歩道近くに人がいれば、わたるかも。。と思って徐行していましたし、歩道を歩く人は車が来るのを確認しないで(止まるのが当然と思っている)歩きだしてた勢いだった記憶です。
日本に帰ってきて、車が途切れるのを待って渡るのが普通だから、違うもんだな~と実感しました。

6 ■>旺角さん

そうなんですか・・・日本も!
でもで、イタリアででも、すごいのがありますよ!免許取らなくても運転できる車(軽みたいなので、ナンバープレートが無い)!!昔記事にした覚えがありますが。免停になった人とか、お年寄りとかが乗ってますが、なんせ、高速以外は何処でも行けるので、普通の車と一緒になって走っているのですよ。あれは怖い!

5 ■無題

各国 それぞれお国柄が出ますよね。
そう見てると、、、やっぱ一番 怖いのは、中国かなって。(笑)
中国の場合は、完全に車が偉くて 尚且つ 法律も無視だし、、、
広い道路なんて 信号を青で渡るのが命がけだし。(マジで)
でも 今の日本も自転車には、キツイですよ。
まあ 日本の場合 歩行者も自転車も交通法規を知らないで 全く無視した状態で成り立ってるのですから。だから 事故が起きた場合 たまたま交通法規に従ってたほうが有利にことが運べるって感じですから。
日本に於いては、自転車は交通ルールは無視ですからねぇ。まあ 歩行者もそうだけど。

4 ■>kyokoさん

kyokoさん、はじめまして!ドイツからイタリアへ!?それなりのカルチャーショックがあるでしょうが、ミラノということで、南イタリアよりはちょっとはマシかな。でもフランクフルトに比べると、ミラノは大いなる田舎でしょう?確かに、自転車については、15年以上も昔、ミュンヘンを友達と歩いてたら、たまたま私が自転車道の方を歩いてて、その友達に『あんた、すっごい恥ずかしいことしてるんだよ、それ』と言われ、ギクッとした覚えがあり、いまだに思い出しては傷ついています。(ドイツ人の言い方って、直だし・・・)
イタリアでの自転車道については、なかなか及びませんね。田舎道ならスペースもあるので作っている所はありますが、道の狭い都会となると、今更何処に、って感じで。教育も足りないので、新しく自転車道の為に車道のスペース削っている場所でも、おばちゃんらは、車道の方を自転車でふらふら通ってくれるのが、イタリアです。それでも、自転車屋さんは、売上が毎年どんどん伸びてる業種だそうです。

3 ■>この指さん

ははは、年明け早々罪を犯した私です。
確かに日本のイタリア好きはなかなか終わりませんね。1年を通して同じ時期に同じ四季がある場所で、同じように海と山があり、食べ物も豊富で、それでいてヨーロッパっていうのがいいのかな。それと、歴史的遺産ですね。今のイタリア人はその上に寝転がってるだけだけど。

2 ■歩行者地獄、わかります

はじめまして。
ブログ再開されて嬉しいです。
昨年秋にフランクフルトからミラノに引っ越してきた際に、イタリア生活情報収拾のためにいろんなブログを読みあさり、こちらに辿り着きました。

交通事情……すごいですよね、イタリアは。おどおどすんな、か。ものすごくわかるような気がします。ドイツの感覚でいると、一生渡れない!ドイツは絶対止まりますからね。スイスで一番交通事故にあうのはドイツ人だとか(止まるものと確信して轢かれるという)。
あ、それから天国は歩行者より「自転車」だと思います。自転車道を歩いてたら、すごい剣幕で自転車に怒られますもの。
また記事upしてくださいね。よろしくお願い致します。

1 ■美しくて 静かで~


歩行者に親切で・・・近年 忘れていたような
ホッとする 空気
伝わってきます

でもねぇ~
イタリアに比べて 寒そう
日本に住んでいる私は イタリアだなぁ~
日本人って 特にイタリアがすきなのか
テレビは 朝から晩まで イタリア特集やってますよ
それをまた 何度見ていても
飽きることなく 見てしまいますから・・・・('-^*)/

↓吐いては食べる
映画にあったような~7つの大罪だったかしら
食べすぎは 罪らしい
これは 私への言葉です (*⌒∇⌒*)

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。