「がんばりすぎない」でうまくいくコツ | 生きづらさをかかえて、暗いトンネルの中にいるあなたへ ~一緒に苦しみの中から見えてくる光を探す~

生きづらさをかかえて、暗いトンネルの中にいるあなたへ ~一緒に苦しみの中から見えてくる光を探す~

うつ病、双極性障害、適応障害など、心の悩み専門のカウンセリングを行っています。横浜拠点で全国対応。ブログでは、「自助本」と「オリジナルの詩」を中心に発信しています。一緒に暗いトンネルを抜け出しましょう。

 

 

 

 

 

こんばんは、こうじです。

 

うつ病に関する本を紹介しています。

※本の紹介は【月・水・金】の予定です

 

 今回はこちらです。

 

◆PHPスペシャル編集部[編]『PHPスペシャル ベストセレクション いつも素敵な人がやっている ためこまない習慣』/PHP

 

 

 

 
 

 

 \こんな方におすすめ

右矢印断りきれず、誘いにのってしまった
右矢印やらなきゃいけないことがいっぱいで疲れる

右矢印将来への不安ばかりで鬱々している

 

 

 

 

 

「ほんとうに必要なものだけ」を選んで生きていく方法

月刊女性誌『PHPスペシャル』を再編集したベストセレクション。

 

 

右矢印ほんとうは行きたくないのに、断りきれなくて誘いに乗ってしまった

右矢印やらなきゃいけないことが山積みで、いつも疲れがとれない

右矢印自分に欠けていることや将来への不安ばかり思ってなんだか鬱々としてしまう

 
 
このような不満やストレスをためこまず、ほんとうに必要なものだけを選んで生きていく方法を、精神科医、作家、主婦、コンサルタントなど15名が紹介。
 
 
《目次》
・上手な頼み方・断り方
・ネガティブな感情を手放す方法
・あなたが「ためこみやすい」原因は?
・不安や不満をためこまないための、心の整理術
・「やめたいのにやめられない」を、“断捨離”で解決
・あなたを振り回す「困った人」への対処法
・今日から始める簡単デトックス生活
・「さようなら」したい時の切り上げ方&マナー
・何も抱え込まずに生きている人はいないから
・怒りをためこまない技術
・気持ちを書き出して自分をラクにする
・欲望と折り合いをつける生き方
・「持たない」暮らしのここちよさ
・抱きしめて、手放す
 
 
フルカラーでイラストや図解もおおく、雑誌感覚で気軽に読める本です。


古本屋等で出会ったら、ぜひ手に取ってみてください。
 
 
 
 
 

「がんばりすぎないで」うまくいくコツ

うつ病になりやすい方は、何ごとも白黒とハッキリしないと気がすまなかったり、「〇〇すべきだ」「〇〇しなければならない」と責任感や正義感がとても強い傾向があります。

 

 

そのため、まわりに頼れずひとりで問題を抱えみ、最終的にパニックにおちいってしまう。

 

 

その原因のひとつとして、「すべて大切だ」と思いこんでしまうことがあげられると思います。

 

 

頼まれた仕事や誘いも、「私を必要としているからこの仕事は断ることはできない」「大事な誘いだから断ったら相手が困るだろう」と、一事が万事のように、なんでも大事だと思ってしまうから、無理して背負ってがんばってしまう。

 

 

でも、ほんとうにそうでしょうか?

 

 

女性の場合は、ただでさえ仕事、家事、育児とやることに追われ、時間があっという間に過ぎてしまいます。そして気づけば、疲れとストレスを抱えてぐったりしてしまう・・・



そうならないためにも、本当に必要なものとそうでないものを見極めることが、とても大事になってきます。

 

 

ついついがんばりすぎてしまう、という方は、この本より「がんばりすぎないでうまくいくコツ」をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 


◆「やらなきゃいけない」から解放される

「これは必ずやらなくてはいけない」「自分で全部やらなくちゃ」「早く取りかからないと」・・・そう思い込んで、苦しくなっていませんか?

 

◆本当に必要か考えてみる

「しなきゃいけない」という言葉が出たときは、ふと止まって「本当にしなきゃいけないのかな」と、見直してみましょう。実はしなくていいことや、今すぐせずに先延ばしにしてもいいこと、部分的に省けることが意外と多いものです。

 

◆見直す際のポイント

・慣習(=惰性)的に続けていないか?

・重複していないか?

・一度にまとめてできないか?

・何のためにやっているのか?

・それがないと困る人がいるか?

 

 

 

 

 

「緊急でないけど重要なこと」

この本で書かれているように、ふと立ち止まるというところがポイントで、頼まれた時、メールがきた時、面倒だけど習慣でやっている時、ちょっと考える時間を設けてみてください。

 

 

あなたが思うほど、すべてのことが大事だということはありません。必ず優先順位があります。

 

 

世界的に有名な自己啓発書『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー著)で、「時間管理のマトリックス」という考え方が出てきます。

 

 

私はよくこのマトリックスで仕事の優先順位などを決めていました。



重要か重要でないか、緊急か緊急でないか、という2つの軸で、4つのマスに仕分けするというものです。図解すると以下のようなイメージです。

 

 

 

 
 
 
記事が長くなってしまうので、ここでは細かく説明しませんが、結論から言うと、すべてを大事だと思い込みタスクを抱えこんでしまう方は、下の2つマスにあてはまることは極力時間をかけないでください。


頼まれごとも、下の2つのマスに当てはまることは、本当に自分じゃないとダメなのか、いまやらないとだめなのか、など立ち止まって考えてみてください。
 
 
そして、右上の「緊急じゃないけど重要なこと」に時間をかけてほしいのです。


なぜなら、自分にとって重要なことなのに、緊急じゃないから、日々やらなきゃいけないことに流されてしまい、後回しにしがちなところだからです。


実は、ここに人生で大切なことがたくさん詰まっていると私は思っています。
 
 
続きはいつか、できたらなと思います。
 
 
つねに時間やタスクに追われて心が窮屈になっている方は、「本当にそれは必要なのか」と、ぜひ一度立ち止まって考えてみてください


あなたにとって「がんばりすぎないで」うまくやるコツは、そこにあるかもしれません。
 
 
 
 
 
 

右矢印「うつ病」に関連する本は

以下にまとめています

 

うつ病関連書籍のご紹介

上差しクリック 

 

 

 

右矢印「うつ病」で困っている方は

以下へご連絡ください

 

緊急連絡先

うつ病専門カウンセリング

「ライフレッスン」代表なかお

電話:090-4365-1230

メール:lifelesson1230@gmail.com

 

 

 

右矢印カウンセリングの詳細は

以下HPをご確認ください  

 上差しクリック

 
 
 

\「人気ブログランキング」に参加しました/

 

記事がよかったと思われた方は

下記クリックのご協力お願いします

 


うつ病ランキング