JASRAC旋風、その親はプラーゲ旋風 | 鎌津間ブログ
2005-09-16 21:07:36

JASRAC旋風、その親はプラーゲ旋風

テーマ:コラム

 人治国家的な威喝スタイルで日本国中に騒動展開中なJASRACではありますが、そのJASRAC発行のパンフレットに次のような記載を見付けました。


JASRAC設立のきっかけとなった「プラーゲ旋風」をご存じですか。
1931年(昭和6年)、ドイツ人のW・プラーゲ博士が、ヨーロッパの主要な著作権団体の代理人として、日本での仲介業務を開始。著作権思想の普及していないわが国での強い権利主張と、当時としては高額な使用料請求は「プラーゲ旋風」と呼ばれ、社会問題に発展しました。

著作権法を所管していた内務省は対策を講じ、1939年(昭和14年)に「仲介業務法」を制定、著作権の仲介業務を行うには監督官庁の許可が必要となりました。そして、同法による許可を受けて、この年にJASRACが設立されたのです。
プラーゲ博士は、仲介業務の許可を受けることができず、1941年に帰国しました。
(「JASRAC」1998年)


 そうそう、JASRACってプラーゲ旋風によって産み落とされたのでしたね。そして親を蹴り出した。ところが、正義の味方ちっくに誕生したJASRACも今では親をも凌ぐ程に成長し、営業中のジャズ喫茶に陣取って「ドロボー」て叫んだりする。親の背中を見てたのか。日本から追い出されたプラーゲ博士がこんな(気が違った)事態を見たら何て思うだろう。


 (真面目なJASRAC職員には気の毒ですが)JASRACをとっとと潰せ、俺にはそう言える権利がある。そんなプラーゲ博士のつぶやきが聞こえてきそうな今日この頃。


kmtmさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。