偽造防止技術で偽造はできるか | 鎌津間ブログ
2005-07-30 22:59:53

偽造防止技術で偽造はできるか

テーマ:コラム

 昨日、仕事でちょっと印刷技術に関する特許を調べていたのですが、そこで面白いものを見付けました。


 試しに特許電子図書館のココ で、昔の「財務省印刷局長」や今の「国立印刷局」で検索すると紙幣の偽造防止技術などに関する特許出願が出てきます。例えば、2006年からパスポートにICが搭載される ようですが、それって一昨日公開されたコレ かな、とか興味深いものばかり。


 しかし、なぜ国立印刷局(昔は財務省印刷局長)は特許を取ろうとするのだろう。特許権が消滅するのは20年後だから、その頃には技術も相当進歩してるだろうし、それまでは独占したい、とか、ライセンス料で稼ぎたい、とか、防御の為とかか。紙幣の印刷技術とかって詳細は秘密なものだと思っていたので素人な私には不思議な感じ。


 ただ、特許権が消滅するのは20年後でも、発明の内容は18ヶ月後に公開される訳で、結果的に偽造の為の指南書を世界に発信されてる観もある、しかも無料で。偽造する人達が特許料を払って合法的に違法な偽造物を作るのも変な話だし。


 最近では、海外からの特許電子図書館へのアクセスが多く技術流出するから制限を設けようという動きもあるようですが、言語の壁も意外と低かったということでしょうか。かく言う日本人の私も一々感心して読んでいたわけで。高度な技術使って作ってるんだから気軽に偽造するな、って抑止効果があるのかも知れませんが、専業の偽造組織にとっては高揚効果になるのかも知れませんし。知らないけど。そもそも独占して印刷してる国立印刷局の特許出願、その理由は深いのか、あるいは浅いのか。

kmtmさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ