司法試験業界に殴り込み?!! | i

i

Thank you!!

 

どうも、木全です。

 

雨やーねぇー

やどかりの気分だよ(?)

 

今年の司法試験、合格率が4割を超えたんだとか。

一昔前は2.1%だったことを思うと、時代の変化を感じます。

でもこれでも目標割れなんだよね。

仕方ないよ、仕事がないもの。

 

N.Y.みたいにバリバリ活躍できる場があれば別だけど、

あそこはもうK氏の狩場になっちゃうみたいだしね。

 

それ以前に、日本人は訴訟とか苦手だし。

法人相手ならまだしも、個人の仕事は限られる。

いくら増やそうとしても、仕事がなけりゃどうにもならない。

それに、いまの若い人たちに法曹の仕事ってあんまり響かないんじゃないだろうか。

社会正義もブレてきていますからね。

 

だけど、そんなときだからこそ、チャンスが隠れているのではないだろうか?

木全も司法試験学校の校長をやっていました。

昔取った杵柄ではないけれど、こんな時代の法曹人を生み出すのも面白そうだ。

魂で仕事する弁護士、裁判官、検事を送り出したい。

もう一度、この業界にチャレンジしようかな?と考えているこの頃です。

 

どう思いますか?

 

反対者が13人もいるから笑える。

NYでじっくりと考えましょう。

Nさん!響と山崎、NYまで配達よろしく。