天使のいる時間 | i
新型コロナウイルスに関する情報について

i

Thank you!!

 

どうも、木全です。

 

あれやこれやで5月も下旬。しかし、世界は騒がしい。

こんなときこそ、まったりゆったりじっくりわくわく過ごしたいよね。

 

昨日は意外に早く家に着いたので映画を観たのだ。

「天使のくれた時間」

観ていたら眠れなくなってしまった!!

感動したとかそうじゃなくって、なんだろう。

淡々とした日常の小さなしあわせ。

それがどれほどラッキーで奇跡なのかをあらためて認識させてくれました。

年収2憶円もらっても、今のキャリクリの仕事がいいよえん。

 

休みがないとか、コロナだとか、給料が安いとか、うな重が高いとか、

(キャリクリの近くでランチが3000円~1万円!高いね)

みんなそれぞれ悩みや不満はあることでしょう。

でも、ちょっと待って。

 

お昼に食べた豚カツ、むちゃくちゃ美味しくなかったですか?

信号待ちにふと見上げた夕焼け、ノスタルジー感じませんでしたか?

仕事のあとの「とりあえず」の一杯、きゅー!って五臓六腑にしみわたりませんでしたか?

キツネ納豆、地味においしいでしょう?

 

それが、しあわせ。

小さな贅沢。

 

 

人生なんて、そんな些細な、他人からしてみればどうってことのない

小さな小さな奇跡の積み重ねなんです。

 

そう思えば、多少の不満なんて贅沢品だよね。

きょうも木全は幸せでした。

みんな、ありがとう。

 

 

 

カラスさんはダメだけど、スズメさんはOKみたいだよ!

 

ってか、カラスさんが字が読めることに驚いた木全です。