今日から仕事という人も多かったと思います。私も休み明けから飛ばしました。
おかげでいい汗がかけました。



さて、亡くなった父親が夢でお金を置いていった話ですが、まだとくに変化はありません。
宝くじの話ですが、まだ開封もしていません、ウチってなかなかじれったい家族なんですよね、宝くじなんかも、なかなか見ない❗昨日も夜ちょっと忙しくてそのうちに眠くなり、だんだんどうでもよくなって、また今度みたいになる。

今日なんかも開ければいいんだけれど開けないんだよな~。
毎回そうです、思うに、開封するためには、まずはみんな疲れてなくて、そして、暇でしかもみんなが暇で、これがハードル高い、なかなかない。そして、たぶん、私が音頭を取らないと話が進まない、めんどくサー。
まあ私としては、宝くじではないと思ってるんですがね、なので、開けたときに報告はしましょう。今もベッドでこれを書いています。朝5時には起きるので、寝るのも早いんです、って子供みたいよね。

その間家内はなにをしているかと言えば、階下のリビングでミニチュアダックスの老犬を抱き締めながらテレビなんか見ている。おばあちゃんはというとこれも自分の部屋で詩吟なんかの稽古をしてたり、息子は学生なので部屋でこれまた論文なんか書いている…まあねバラバラですよ。

でもね、親父というのは高度成長期を生きた商売人ですから、何かの知らせと思うんですよね、私は妄想族ですから、こういうことを考え出すときりがない。

それよりもね、実は石鎚山にいったとき、ちょっと願掛けしたことがあるんですよね、ここはかなりのパワーを感じますからきっといい感じになると思うんですよね。行った前後では私の雰囲気も全然違うのが私がわかるくらいです。それは、私が発する言葉さえかなり違ったものになるのが、私自身でわかるくらいです。

この辺にしておきます。

ではまた。