気づいたら筋肉量が減っていた! | 【大阪市淀川区木川東・ 西中島南方・十三】木川南整骨院公式ブログ

【大阪市淀川区木川東・ 西中島南方・十三】木川南整骨院公式ブログ

西中島南方、十三、整骨院、骨格矯正、スポーツ外傷、労災・交通事故、不定愁訴、

こんにちは。木川南整骨院の村上です。

 

 

「腰痛と左足に違和感が出た。」と50代男性の方が来院されました。

 

 

診てみると太ももの太さが左右明らかで筋肉量もげっそりしていました。

 

 

仕事が忙しく痛みも強かったけど日にち薬で消えるだろうと思っていたようです。

 

 

そして、腰痛が消えるかなとジョギングを始めようと短パン姿になったときに家族に「右と左で足の太さえらい違う!」と指摘され不安になって来院したと。

 

 

これだけ左右差が出るとわかりにくくなるまで数ヶ月からひどい人で二年弱かかることもあります。

 

 

背骨にかかる圧力が強くなり、腰から脚に流れる大腿神経の流れが悪くなることで脳の司令や足からの情報が伝わりにくくなります。

 

 

神経の流れが悪くなると支配されている筋肉は急激に弛緩するか萎縮してしまうかで太さに違いが出てしまいます。

 

 

ひどい場合は正座したあとのしびれがずっと続き、歩行困難にも陥ります。

 

 

これらの症状は腰だけには限らず、脊椎どの部分にも起こります。

 

 

圧力を受けている箇所により症状は異なりますが場所によっては内科疾患などの症状がでる場合も。

 

 

前のブログでも書きましたが、このような異常はメンタルにも影響します。

 

 

また脊椎は脳からあるいは組織から脳へ情報を伝える重要な場所ですのでさまざな症状を引き起こします。

 

 

痛みがあるないで考えず少しども違和感を感じたら早めの処置を!

 

 

そしてその際は是非当院へ!

友だち追加数

LINE@アカウント【@kikawaminami-sk】

友だちだけの限定記事も配信しています。

お気軽にどうぞ。

 

 


木川南整骨院

■公式HP/ 

http://www.kikawaminami-seikotsuin.com/

■Facebookページ/

http://www.facebook.com/kikawaminamiseikotsu/

■TEL/ 
06-6305-1965

■お問合せ/ 
こちらからお問合せください

■住所/大阪府大阪市淀川区木川東2-11-4メティス有馬1F

■受付時間

月曜日~金曜日: 9:00~13:00、16:00~20:00

土曜日(午前のみ): 9:00~13:00

■休診日:日曜・祝日