投資と投機の違いて知ってます? | めざせ!FP3級!~女性FPのお金の花道~

めざせ!FP3級!~女性FPのお金の花道~

すべての方々に、FP3級程度のマネーリテラシーを普及できたら…
キッズ・マネー・ステーションの女性ファイナンシャルプランナーたちが
さまざまなお金の知識をご紹介いたします。

投資はマネーゲームではない

 

 

 もういくつ寝るとお正月!

あっという間に今年も終わりますね

私事ではありますが、冬はスキーのインストラクターをやってます

都内から一番近いスキー場と呼ばれる群馬県ノルン水上スキー場にて

不定期ですが勤務してますので

お子様にスキーを習わせたい方はぜひいらしてくださいね

 

宣伝ついでに

今月の日経新聞土曜日プラス1にて、読者の方の質問にFPが答える形で

私の記事が載りますので要チェックですよ

 

第一回はお年玉の活用でした

さてさて、こちらのブログでも

ここまでさまざまなことを学びました。おさらいしてみましょう。

 

① 預貯金は、物価の上昇に利率が追いつかない。

 

② 経済は世界で繋がっていて、世界のインフレ状況は日本の経済状況や円の価値を直撃する。

 

③ 人口が減っている日本の経済状況は、この先、決して先行きが明るいとはいえない。

 

①    アメリカと日本ではお金の預け先に違いがあり、資産増加率に大きな差がある。

 

 以上のことを鑑みた結論としては、

「銀行預貯金だけでは、いくら頑張ってお金を貯めても、

いざ使おうと思った時に想定していた価値がなくなっている。

そこで、視点を国内だけでなく、海外への投資も視野に入れるべき」

ということも考えていた方がよさそうです。

 

 ただ、「投資」というと

「なんだか怖い」

「本当に儲かるの?」

「資金がたくさん必要そう」

などというネガティブなイメージで捉えている人が多いようです。

 

しかし、ここが多くの日本人が勘違いしている点があります。

一般的な短期株式取引などでイメージされる「投資」とは、

私たちFPの世界では「投機」と呼び、「投資」とは明確に異なるものとして認識されているのです。

 

 では、「投資」と「投機」の違いとは何でしょうか? 

 

 お金を増やすには4つの方法があることがわかります。

「預貯金」「投資」「投機」「ギャンブル」……

左ほどローリスク・ローリターンで、右に行くほどハイリスク・ハイリターンとなります。

 預貯金とギャンブルは説明の必要はないですよね? 

では、株価の上下を予想して差益を得る「短期株式取引」や為替相場の上下を予想して差益を得る「FX」は、このなかのどれに当てはまるでしょうか? 

そう、投資ではなく、投機となります。

 

 図にあるように、どちらもお金を預けるのは株式や債券と、まったく同じ。

ではこの2つの違いはどこにあるのか? 

じつは私が「短期株式取引」と「FX」の説明を書いた文章のなかにヒントが隠されています。

 

 ……答えは「予想」です。

 

 どこが上がるのか、いつ下がるのかを「予想」して当てにいくのが、「短期株式取引」や「FX」であり、「予想の有無」こそが投機と投資を分けるポイントのひとつだといえるでしょう。

 

今日は多くの方が勘違いしている投資と投機分けるポイントをお送りしました。

 

では投資とはなんなのか

紙面が尽きたので、次回をお楽しみに!!!

 

 

 

YouTube番組「お金の小学校」配信中

https://youtu.be/BNHUeyWRhec

マネーセミナー「3日間通学制のお金の小学校」随時開催中

次回開催 初回お金の小学校は 12月14日土曜日16時30分~18時30分 

@初台

詳細とお得なクーポンは以下から

https://www.groupon.jp/deals/merchant-0-1505199685374-1

 

 

近藤正樹プロフィール

 

IFA

お金の小学校代表

チーム★ライフプラン研究会 認定講師

キッズ・マネー・ステーション 認定講師

 

昭和50年6月18日生まれ

神奈川県川崎市出身。早稲田大学社会科学部卒業

学生時代に好きだった小劇場のパワーあふれる舞台俳優の影響を

受け20代を舞台俳優の活動に専念する。

 

多くの金融機関の方が専門知識を難しい言葉で話す姿に違和感を覚え、

舞台俳優・落語で得た知識と経験を元に、誰もが悩むお金と人生の関係を、

だれもが知っている昔話「桃太郎」を使って

人生とお金の関係をわかりやすく紐とくなど、親しみやすいマネーセミナー講師として活動。

近年では親子向けのお金の教育にも力を入れている。

家庭に帰るとスキー指導員の資格も持つ、10歳と3歳の父親。

 

著書:「お金の小学校」(一間堂)

「誰か教えて!一生にかかるお金の話」(中経出版)

記事掲載:新日本保険新聞・「美的」「DIME」など