キャッシュレスのリスク | めざせ!FP3級!~女性FPのお金の花道~

めざせ!FP3級!~女性FPのお金の花道~

すべての方々に、FP3級程度のマネーリテラシーを普及できたら…
キッズ・マネー・ステーションの女性ファイナンシャルプランナーたちが
さまざまなお金の知識をご紹介いたします。

キッズ・マネー・ステーション認定講師の髙木典子です。

 

最近、講演の依頼をいただくことも増えてきました。

「キャッシュレスについて」

 

そして、心配されているのは

◯安全性について

◯個人情報について

が得に取り沙汰されています。

 

まず、安全性については、

最近やっちまったw

「◯ブンペイ」

リスク管理が甘すぎた!というお粗末な内容。

他に多数ある、◯◯ペイに登録したことがある方はご存じだと思いますが、

簡単と言う割に登録がかなりめんどくさい。

かなり細かい情報を入力したり、本人確認書類を写真で撮ったり、

なんでここまでやるの?とか思ってしまいますがこういうことなのです。

登録がめんどくさいものほど安全ということになります。

政府も監督や規制を強化していくことでしょうから今後は心配ないかと思われます。

 

そして、個人情報について。

情報が渡されるのは免れません。

ただ、情報を渡したくないから現金を使っているという人でも

ポイントカードなど作っている人は多いのではないでしょうか?

カードを作るときに住所や性別、年齢などを登録。

企業はポイントカードに蓄積されるデータを使って商品の品揃えを考えたり、

Tカードのようにおすすめクーポンなどを発行したりします。

すでに多くの情報を企業に渡していることになります。

キャッシュレスでクレジットカードやなんたらペイ、交通系IC等を利用すると、

そのお店だけでなく、その人が購入したすべてのお店・モノ・サービスが把握できます。

それは今後のマーケティングにとってとても凄い情報になります。

 

それをビックデータといい、以下にその情報を多く集め、分析し、商売に反映させられるかどうかが、今後の企業の生き残りの鍵となっています。

 

なので、情報を渡したくないと言う人は、

ポイントカードはつくらず、クレジットカードも利用せず、ネットもスマホも使用しないことです。

情報を渡さずに生活をしていくことは、今後困難になっていくと思います。

SF映画のような時代がきているんですよね、本当に。

携帯電話が出たばかりの頃は、

「電話を持ち歩くなんて監視されるようで嫌だ」

と言われましたが、今や、携帯電話なしではいられない。

やはり便利さには勝てないということですかね。

 

キャッシュレスのリスクで、お金が見えないため、使いすぎるという傾向があります。

手段が変わっただけでお金の価値は変わりません。

上手く付き合っていきたいですね。