ブリーダーと保護活動について | kmdogのブログ

kmdogのブログ

ブログの説明を入力します。

「ブリーダーと保護活動について」


数多い私への質問の中に
「パピーミル、バックヤードブリーダー、真面目ブリーダーの違いについて」
があります。

真面目ブリーダーは
ドックショーに足を運び
ライセンスを持つ審査員に評価をされ、犬質の向上に情熱を燃やし、勉強をして遺伝などの検査も怠りません。(PRAやHIPなど)

バックヤードブリーダーは
「ウチの子供が見たい」的な
感覚で子犬をブリーディングします。
パピーミルはお金儲けが重要視され、
バックヤードブリーダーも法的にはひっかからない程度の活動をしますが
自分が産ませた子犬の数だけ
保健所で安楽死がおこなわれるという事実に気がつきません。

獣医さんに質が良いと褒められたから繁殖した。。。はパピーミルと同じレベルなブリーダーです。

そうなんです。
勉強する気はない
お金かけて評価される気もないという、なんちゃってブリーダは
安楽死ゼロを願う世界中の人々の敵になっているわけです。

なんちゃってブリーダーの
無駄な繁殖と
間違いだらけのアドバイスにのせられた初心者マークな飼い主になった人間が安楽死される数を増やしていくのです。

悪徳ペットショップという言葉を最近耳にします。
売る方が悪いのか?
子犬をペットショップにおろす業者が悪いのか?
可哀想と購入する人間が悪いのか?

まるで
麻薬を売る人が悪いのか?
買う人が悪いのか?
な感じ(苦笑)


沢山の行き場を失ったペットが
助けを求めてますね。

それを助けようと試みる正義感タップリの保護活動について

私への質問で

どんな保護活動が良いのか?

があります。

ズバリ言わせていただくと

保健所から犬猫を引き出して
一時預かり(フォースター)中に
性格判断、簡単なしつけができて、個性にあった新しい家族を探してあげられる活動が
良い保護活動だと思います。

ただ生かせているだけの活動は
保健所の延長で
犬猫の幸せにはつなげられない活動だと思います。
というか
保健所にいた方が幸せになる確立が高い場合も(保健所でも譲渡会ある所も)

殺されなければ良いだけの保護には限界もあり
ただのホルダーという病気と判断もされる場合もあります。

どうしたらふさわしい新しい家族を見つけることができるのか?

答えは簡単です。
勉強するしかないです。

もらってもらえば良い
という焦りから
性格判断やトレーニングを怠り、
「無理」と返されたら
嫌な顔して極悪人扱いをする保護団体は
自分の判断ミスという過ちに
全く気がつくわけでもなく
助ける正義感というプライドに
自らつぶされて
周りに迷惑をかけてしまうものです。

誰もがおこす判断ミスで返されたら
そのレポートを詳しく聞いて参考にして
次のステップにつなげれば良いと思います。

ワンコは特に環境で行動が変わります。
専門家が扱う状態と
一般家庭で生きる場合ワンコは全く別の顔を見せます。
当然のことです。

よくプロのトレーナーの言うことは聞くけど
飼い主の言うことは聞かない。。。そんな感じです。

みんなと遊べるワンコが良いという判断は
ただの人間の判断であり
わざわざワンコの個性を壊す必要もないと思います。

社交性ゼロのワンコも良いワンコです。
それを飼い主に指導して理解させるのはプロの仕事でもあり
それを納得した家族につなげるのが良い保護活動かと思います。
人間の都合の良いリクエストに答えてワンコは生活しなくても良いと思います。
ワンコは個性的な方が素敵です。

ウチにいる社交性ゼロの神犬スクーターは魅力的な特別な生き物だと思います(笑)
ちなみに彼の性格を変える気はない私です。
が我々は上手く生活してます。


トライアルで一時的に頑張ってくれた家族に
「短い期間でしたが良いレポートが参考になります
ありがとうございました」
くらいの対応がなくては
保護活動は成功しません。

一年後に返されても
誰も責めてはいけないと思います。
事情は誰にでもあります。
死ぬまで飼うべきと歌う人に限ってワンコを手放した人間を沢山見てきました。
誰かの責任は我々人間の責任でもあるので
ゴチャゴチャ愚痴言わず
ネガティブな気持ちを捨てて
ポジティブでワンコに向き合えば良いですね。

キチンとした保護団体は
フォスターさん用にも
セミナーやワークショップ、指導会をおこない
安全性をまず勉強してもらいます。
そうでないと
大きな事故にもつながり
責任問題もでてきます。
責任はフォスターにはありません。
保護団体が責任を持つのが普通ですが
指導ミスでせっかく協力してくれようというフォスターが嫌な経験をしてしまい
精神的にもダメージを受ける場合も。

その精神的ダメージを保護団体は責任とれますか?

そのような勉強はしてますか?

保護活動は奥が深いのです。
動物を通じて人間関係もついてきます。

戦わずに向き合える性格の人が
保護活動はするべきですよね。


まず
何を学ぶべきか?

これを真面目に考えていけば
沢山のペットが幸せになれると思います。