蛭子能収さんが考える「この世に生まれて一番の喜び」とは? | プロ弁護士間川清の仕事術!!

プロ弁護士間川清の仕事術!!

弁護士間川清のブログです。弁護士として日々実践している仕事術を中心に紹介しています。


テーマ:
最近テレビで再ブレーク中(?)の蛭子能収さん。

この方の著書「ひとりぼっちを笑うな」を読みました。


ひとりぼっちを笑うな (角川oneテーマ21)/KADOKAWA / 角川書店
¥価格不明
Amazon.co.jp

蛭子さんといえば、ローカル路線バスの旅番組で見せる自然体すぎる言動が魅力です 笑。

本書はそんな蛭子さんの独特の考え方がおもしろい本です。

さくさく読み進めて最終ページになったとき、なるほど!と感じた言葉がありました。

それは


「この世に生まれて一番の喜びは、自分の考えていることを実現すること」


という言葉。

シンプルですが、人生の本質を捉えているのではないかと思います。

自分のこれまでの人生を考えて、もっとも充実感を感じ喜びを感じた瞬間は、自分が思い描いていた夢や目標を、現実のものにした瞬間です。

作家や画家など、何かを作り出す人にとってはとても実感できる言葉なのではないかと思います。


蛭子さんは、自分の考えていることを実現するためには、ひとりぼっちになろうがそんなことには構わず、まっすぐ進んでいけばいい、と書いています。

自然体すぎる蛭子さんの言動は、このような考え方に基づいていたのかと思うとなんとなく納得です 笑。



本書は、他人の葬式に出席するとどうしても笑ってしまう、というエピソードなど、蛭子さんらしい面白い話と人生の本質的な部分を考えさせられるテーマが混在している良書です。

生きているうちに、考えていることを一つでも現実のものにしていこうと思います。





弁護士 間川 清さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス