忘れ物を見つけ出す目からウロコな方法 | プロ弁護士間川清の仕事術!!

プロ弁護士間川清の仕事術!!

弁護士間川清のブログです。弁護士として日々実践している仕事術を中心に紹介しています。


テーマ:


プロ弁護士間川清の仕事術!!



忘れ物をしてしまった場合に確実に見つける方法、それは



それを取り戻したときの自分のイメージを心に刻むこと



である。



人間の脳は超高性能であるため、自分が目で見た映像は全て脳の中に記憶している。


思い出すことができないのは、その記憶を取り出すことができないだけで、脳の中の記憶がなくなっているわけではない。


忘れ物は、それまで自分が持っていたモノがある時を機になくなることであるから、モノがなくなったシーンを脳は記憶している。


それを取り戻してやればよい。


人間の脳はグーグルとヤフーのようになにかを検索する機能がついている。


自分の脳に、なにかを探すよう指示すると、脳はそれを探し続ける。


その指示が、「あのモノを忘れてしまったのはどこか」という自分への質問である。


そして脳の検索機能を強力に働かせる方法の一つが、望む結果をイメージして良い感情をもつことだ。


忘れ物を取り戻して、とてもうれしい気分になっていることを想像すると、脳はそれを実現するためにはなにが必要か?を検索し始める。


そのうれしい気分が強ければ強いほど、早く検索ができるようになる。


ただし、検索には一定の時間がかかる場合がある。


そのため、自分への質問を投げかけても、すぐには答えがでないことがある。


そうした場合は、質問を忘れたときに突然ふっと答えが思いつくことがある。


その答えを忘れないうちにメモにして、その場所を探せば、忘れ物が見つかる。






最近、私自身こんな経験をした。


1ヶ月前ほどから気がついたら、愛用していたマフラーが手元にないことに気がついた。


大切な人からいただいた大切にしていたマフラーであったため、とても焦った。


タンスのなかなどを探したが、見つからない。


そこで、上記のような忘れ物を探す方法を試してみた。


自分が、ふたたびあのマフラーを首に巻いてうれしい気分になっていることをイメージした。


1日の中で気がついたらそのイメージをするようにした。


そうしたところ、3日目くらいになり、朝起きて机に座ったとたん、「マフラーは自宅近くのスターバックスにある」という答えを思いついた。


そのときには、マフラーについてはあまり考えていなかった。


そうしてその日の出勤前にスタバに寄ったところ、なんとマフラーが見つかったのだ。


自分の意識だけで考えていたときは思いつかなかった答えが、導き出されたという感覚だった。




答えは、自分のなかにある、とはよく言われる言葉であるが、忘れ場所のありかはまさにコレだ。


なにかを忘れたら、取り戻したことをイメージして自分に聞こう!






******************************

いつもランキングクリックに協力いただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックしていただくと、ブログランキングに投票され(週間INが10ポイント加算されます)、本ブログの現在のランキングが確認できます(一日一回有効です)。

また他の人気弁護士ブログなどもみることができます。


ありがとうございました。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

ほんブログ村


Twitterはこちら↓

https://twitter.com/bmagawa

follow me




弁護士法人ポート 川越中央法律事務所

http://www.chuo-law.jp/

〒350-0044
埼玉県川越市通町5-4 第一山田ビル502
電話 049-223-4422/FAX 049-223-4412


埼玉・川越労働問題相談所

http://www.roudou-soudan.jp/


埼玉・川越離婚問題相談所

http://www.rikondanjo-soudan.jp/


弁護士 間川 清に対する直接の問い合わせメールはこちら

info●chuo-law.jp

●を@に変えてください





























弁護士 間川 清さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス