山越え(`・c_,・´)

テーマ:
次回へ 前回へ
記事一覧
ダウンロード

de191
ウルバンも仲間になったので、エンダーの町へ戻り、ウルバンの装備を強化する。その後、戦士の奥義をくれるという、北の砦の兵士に挑戦する。ところで、鉄の斧で攻撃すると、エイヤッ!っていう少年の掛け声に聞こえるのは私だけだろうか?(・c_,・ ;)
de192
タナトスヒプノス、経験値1000、ゴールド640
技:(タナトス)足払い、べホイミ、痛恨の一撃、突進
 (ヒプノス)スクルト、ラリホー、マホトーン

HPは双方300程度と思われる。タナトスは攻撃力が高く、ヒプノスは守備力が高い。HPからすると簡単そうに見えるが、ヒプノスのラリホーがやっかい。眠らされると、攻撃を受けない限り数ターンは目覚めない。魔封じの杖で封じたいところだが、残念ながら効かないようだ。素直に正攻法でいくしかないだろう。前の二人あたりをスカラで強化し、敵の守備力をルカニで下げよう。強化呪文は2回まで重ねがけできる。ピオリムもかけておいた方が良い。出来ればヒプノスから倒したいところだが、ルカニを封じられてしまったらタナトスからでも良いだろう。長期戦になりがちな戦闘だが、薬草がたくさんあれば負けないはずだ。レベル13で討伐。
de193
勝利後は、約束通り戦士の奥義をくれる。その後は、普通の警備兵へと戻る。なぜ二人だったのか、なぜこれほどの強さで単なる警備兵なのか、など突っ込みどころ満載だが、気にしてもどうしようもない┐(´・c_,・`)┌
de194
早速戦士の奥義を試してみる。奥義名は、会心撃。発動条件は連続魔の時と一緒だが、わかってきたのは、蓄積ダメージではなく被弾回数のようだ。そして、会心撃はすぐに繰り出すことができ、先制攻撃で必ず会心の一撃が出る。ただし、1回きりで終了なので、再度発動させるには溜めなおしになる。説明では夢の大技とあるが、これではメタル系には使えないし、そこまですごい奥義でもないような┐(´・c_,・`)┌
de195
エンダー城の東の橋を渡って、北へ行くとゴールドスラムを発見。
de196
中は荒れ果ててしまっているが、昔はゴールドタウンという町だったそうだ。倒れている人が「ゲンキ草」を求めているが、ここまでではとんと見かけない。見つかるまで頑張っていてくれれば良いのだが。
de197
宿屋・教会・道具屋と、一通りの施設がある。が、宿屋が安いと思って泊まってみると、実は100Gすられている。所持金を確認するとわかるが、このことは2階の客の様子から感じ取れる。カウンターの女性が盗ったのか、何者かが忍び込んで盗ったのかは誰にもわからない。
de198
右上の隅で、小さなメダルを発見。また墓下に素早さの種がある。準備が出来たら、炭鉱に入ってみよう。
de199
ダンジョンは割と広め。手前の左右の道は宝箱。奥は左に行くと人と宝箱、右に行くと2階へ上がれる。
de200
新モンスターは図の5体。エリミネーターは武器を振り回す威力の高い攻撃、キラースコップは突進と痛恨の一撃、軍隊ガニは仲間を呼ぶ、奴隷兵士は足払い、ドラゴンフライは火の息を吐く。
de201
2階は上下に2か所登り階段があるが、上の階段は宝箱があるのみ。先へ進むには下の階段へ進もう。
de202
この集団には注意。ブーメラン、シアのバギ、グレースの五月雨剣など、全体攻撃で一掃しよう。バギは、照準を合わせれば全体に攻撃できる。中断の書を使いながら、慎重に進んでいこう。
de203
3階からはほぼ一本道。4階は一部、暗闇から階下に転落するので注意しよう。
de204
どうやら、カンダタのアジトのようだ。部下がこちらを発見すると、慌てて近くの階段を下りていく。ここで中断の書を使っておこう。
de205
ついにカンダタを発見したが、囲まれてしまった。1人部下が多いような気もするが、気合を入れて戦おう(`・c_,・´)
de206
カンダタカンダタ子分×3、エテポンゲ
経験値1500、ゴールド2180、お宝:あらくれマスク
技:(カンダタ)おたけび、痛恨の一撃、(カンダタ子分)石つぶて、(エテポンゲ)甘い息、眩しい光、ボーっとする

HPは少し曖昧だが、カンダタが400程度、子分とエテポンゲが100程度。カンダタや子分は攻撃力が高く、エテポンゲのスキルも嫌らしい。強化はピオリムかボミオスと、前の二人にスカラをかけておけば十分。まずは子分の数を減らしていくこと。バギを使うなら、子分3体に照準を合わせよう。後は痛恨の一撃にそなえて、HPを高めに保ちながら、エテポンゲ、カンダタの順で倒そう。ウルバンの奥義も忘れずに。レベル14で討伐。
de207
戦いに勝利すると、おなじみの命乞い。もちろん断っても無駄なので、さっさと逃がしてやろう。最初、森の塔をすっ飛ばして、ここまでウルバンなしで来てしまった。きついのなんのって(;-,_っ-)
de208
宝箱には、盗まれた城の宝らしきものが入っていた。だが、王様のポエム集の説明を見てみると、「痛々しい言葉が並ぶ、恥ずかしいポエム集」となっていた。こんなものが城の宝でいいのだろうか?アイテムを取り終わったら、下から脱出できる。下り階段の方は、宿屋につながっているが、牢屋の鍵がないと通れない。あっ、宿屋ではここから盗まれていたのか!カンダタたちが居なくなっても、相変わらず盗まれるけど┐(´・c_,・`)┌
de209
カンダタ戦のお宝の荒くれマスクは、そこそこ良いアイテム。このアイテムは、エリミネーターが落とすこともある。だが、歩行グラフィックが荒くれ者になってしまう。見た目が気にならないなら、ぜひ装備しよう(`・c_,・´)
de210
エンダーへ戻り、王様に報告する。取り戻したことを喜んでくれるが、読んだかどうかの質問に「いいえ」と答えると、「長生きしたければ忘れることだ」と脅される。ポエムが、どんな内容だったのか気になるところだ。今回のお礼として、毒蛾のナイフをもらえる。シアに装備させるといいだろう。
de211
大臣からは、北の砦からいつ襲われるかもしれないという国の危機を説かれ、エンダーのために戦ってくれないか?と頼まれる。断ったまま進めても問題はなさそうだが、ここはうなずいておこう。戦いを約束すると、お礼にルーラストーンをくれる。
de212
エンダーの戦士となったところで、例の大扉を開かなくてはモンスター軍と戦えない。開けることが出来るのは賢者カーンのみという。そこで旅の目的は、賢者カーンを探すこととなる。
de213
ルーラストーンは、無制限で使えるルーラ風アイテム。やっと移動が楽になる(*´c_,`*)
de215
次は、クエッタから北西にあるコルの山道を目指す。
de216
山道のふもとに休憩小屋がある。
de226
中の井戸に、小さなメダルが落ちている。ここで薬草などを十分に補充しておこう。
de217
なかなか険しい山道なので、準備はしっかりしておこう。中ではルーラストーンも使えるので、苦しくなったら脱出しよう。ふもとの小屋も登録されている。なお、天井がある場所では、頭をぶつけてしまい移動できないので、リレミトか思い出の鈴にしておこう。
de218
新モンスターは、仲間を呼ぶ腐った死体とマドハンド、不思議な踊りと仲間を呼ぶキャットフライ、ルカナンと激しく斬りつける攻撃力の高いリザードマン。一部、山賊のアジトと同じ敵も出てくる。仲間を呼ぶ魔物が多いので、レベル上げにも良さそうだ。
de219
最初は手前の宝箱を取りながら、左奥まで行って階段を上がる。ここで道が分かれるが、左は青宝箱、右は鉄兜が入った宝箱。先へ進むにはすぐ近くの階段を登る。
de220
再び道が分かれる。左は不思議な木の実、上は鋼の剣が入った宝箱に通じている。先へ進むには右へ。
de221
ここから左は、鉄の前掛けとステテコパンツの入った宝箱。先へ進むには坑内へ。
de222
左の坑内は、落とし穴に入ると地下へ落ちてしまう。先へ進むには右の坑内へ。最初は雲が陰になっていたが、標高が上がると雲が見えてくる。
de223
ここから右には、理性の指輪が入った宝箱がある。混乱を防いでくれるアイテムなので、取っておいた方がいいだろう。
de224
坑内では、イオを唱えるメトロゴーストと、眩しい光を放つダークアイが追加される。メトロゴーストが集団で現れる時があり、イオを連発されるとかなり脅威だ。マメなセーブを心がけよう。
de225
ここまで来れば、あと少し。左奥は800ゴールドの宝箱。
de227
コルの村に到着。港町に向かうための中継点なので、休憩しておこう。5のチゾットに似ているね(*´c_,`*)
de228
武器屋では、天罰の杖を買うくらいだ。バギを使えるので、グレースにちょうどいいだろう。ただ、この武器屋・・正面からだとメニューの天罰の杖が魔封じの杖に変わってしまう。なぜ?(・c_,・ ;)
de229
他に、特筆すべきものはない。下山があるので頑張ろう(`・c_,・´)
de230
下山の方は、登りに比べると簡単。左の方には、即死を防ぐ金のロザリオがある。先へ進むには右へ。
de231
メタルスライムが初登場。ゲージから見るとHPは4のようだ。シリーズによっては、3の時もあるんだけどねぇ。ここでは逃げられてしまって、経験値はわからず(;-,_っ-)
de232
分岐が多いが、右に小さなメダル。先へは左から。
de233
一本道が長く続いて、下に守りの種。左へ行けばゴール。
de234
長かった山道も終わり、西に進むと港町が見えてきた。そういえば、占いババの山道の4人組って、何だったんだろう?4人揃ってから登れっていう事だったのかな(´・c_,・`)

次回は「賢者ユノー

トップへ 前回へ 記事一覧
AD