初回へ 前回へ
記事一覧
ダウンロード
[ニコニコ動画] ブログ村キーワード

無事最終回となりました。中途半端にならなくて良かった(*´,_っ`)
げん282
最終ダンジョンである、封印洞窟へ向かう。本作は完成品ではないので、現バージョンでの最終である。
げん283
入り口には階段がポツリとある。その奥に、魔王がいるということが書かれた石碑がある。
げん284
ひたすら階段を下りて行く。1フロアごとに、4種類のエリアからランダムに選ばれる。どれもそれほどの広さはないが、この背景のエリアではレバーが一箇所あり、レバーを引いたあと少し戻る必要がある。
げん285
自然ステージ。2段構造のエリアで、ロープを使って上下する。上段では1マス分は飛び越えられる。わかりにくいのが、図の位置は下からくぐりぬけられるのだ。
げん286
サイバーステージ。ここは降りたった瞬間にすぐ近くに下りる階段がある。色に対応した踏み台の仕掛けがあるが、先に進むだけなら特に触る必要はない。
げん287
氷ステージ。すべる床はなく、雪の塊を流す仕掛けがあるが、先に進むだけなら同じく触れる必要なし。
げん288
出てくる雑魚は、全ステージ共通。
げん289
12フロア分降りると、中間地点のエリアに来る。ここで入り口とのショートカット可能。
げん290
ここから後半だが、進むと魔王を倒すまで戻ることは出来ないので、セーブは別にしておこう。そしてここからは、パーティを2分しなくてはならない。人数はちょうど半分にしなくてもよいので、主人公組はメインの4人、ジュード組は残り全員でも良いだろう。
げん291
後半戦のステージは4つで、スタートは氷ステージ。ここからはパーティを切り替えながら、進むことになる。またここからは、雑魚がランダムエンカウントになる。頭を使うステージでは、出て欲しくないのだが(´・,_っ・)-3
げん292
リック組から操作して行く。すべる床ばかりなので、少々頭を使う。まずこの塊を流す。
げん293
一旦戻ってこのクリスタルを調べると、ジュード組と切り替わる。
げん294
最初は通れなかった道だが、リック組が流してくれた塊のおかげで、ジャンプして通れるようになっている。
げん295
その先にまた塊があり、リック組のために流す。この繰り返しで奥の階段に到達させる。
げん296
第2ステージ。ここは色の床を踏むことで、同じ色の障害を消すことができる。もう一度踏むと復活。かなり頭を使うエリアだ。相当手間取りました(;-,_っ-)
げん297
先に階段があるが、通せんぼボス。
げん298
ラストダンジョンのボスであるが、あまり強くない。メカっぽいので、雷が弱点だ。
げん299
階段はもう一箇所ある。ここの仕掛けをはずすことによって、ジュード組が階段にたどりつける。
げん300
第3ステージ。最難関のエリアで、正直クリアできる気がしなかった・・というか、頭使い果たしちゃってニコニコ動画にある作者の攻略動画見ちゃいました。これは難しすぎるっていう意見が多かったみたいで、急遽作者がアップしたらしい(;-,_っ-)
げん301
通せんぼ。
げん302
仕掛けは激ムズだったが、ボスはしょぼい。バランスを取ってるんだろうか?即死攻撃をしてくるので、対策しておこう。弱点は光だ。
げん303
第4ステージ。溶岩のあるエリアだが、ここからは雑魚がシンボルエンカウントに戻る。仕掛けはパーティが交互にレバーを動かす、といった簡単なもの。
げん304
一部時間制限があるが、時間は割と余裕がある。
げん305
終了地点でやっと合流できた。
げん306
ほっとしたのもつかの間、溶岩からボスが現れる。
げん307
合流したので仲間を入れ替えることもできるが、メインで十分倒せる。炎系ということで、水・氷が有効だ。あとは基本どおり。
げん308
第4ステージの階段を下りると、魔王の部屋の手前についた。ここで入り口とのショートカットができる。準備が出来たら、奥へ向かおう。
げん309
ついに魔王とのご対面。
げん310
魔王の強さはまだ完璧ではないのか、はったりとも思える言動。果たして本当なのだろうか。
げん311
ここまで来て、引き下がるわけには行かない。打倒あるのみだ。
げん312
やはり強さが完璧でないのか、メインだけでも十分倒せそうな感じだ。魔王であっても、戦い方は同じ。基本どおりステータスを下げ、魔法組は弱点の光を中心に、武器組はTPを使った大技で攻めよう。多彩な状態異常を使ってくるが、氷結・スタン対策くらいで大丈夫だろう。MPを徐々に下げる異常は回復ができないので、MP回復アイテムはたくさん持っておこう。
げん313
やはり魔王も自信のない戦いだったようだ。殺される前に封印で逃げようとする。
げん315
封印を止めるため、とどめを刺しに行く。連戦となるので、消耗しているMPをまずは回復だ。15ターン以内というターン制限がある。
げん316
封印に集中しているせいか防御がかなり甘く、攻撃していけばHPの減りがかなり早い。十分間に合いそうだ。
げん317
余裕で撃破(`・c_,・´)魔王に失礼?
げん318
今度のセリフはハッピーな感じだが、真相はどうなんだろうか。
げん319
ここでスタッフロールになる。セピア色の背景では、みんなと別れるアニメーションも流れる。最後は街に戻ってきた。
げん320
スタッフロールが終わると、ネイサンが祝賀会の司会をしている。
げん321
リックは主人公のくせに、司会が苦手だったらしい。一旦解散したあと、祝賀パーティを催したようだ。
げん322
字幕が流れて、終幕。とりあえずめでたしめでたし・・かな(´・c_,・`)
げん323
街の中央に戻る。ご褒美がもらえ、自由行動になる。魔王はいなくなったので、闘技場やアイテムダンジョン・カードゲームなどを制覇したい人はどうぞって感じ。今からオーバーテクニカルに挑戦もできるぞ。
げん324
街の拠点には3章の終わりを告げるヘルパーさん。魔王の言っていたことは確かに気になるが。
げん325
この先は4章のお楽しみということで、現バージョンのストーリーはここまで。
ということで、ゲーム終了。完成品ではないため、今後のバージョンアップが待たれる。

私が見逃していたイベントがいくつかあったようで、コメント欄に補足をいただきました。プレイしている方はそちらも参考にしてください(`・c_,・´)

感想は・・たくさん修正してほしいことがあるが、多すぎて批判になりそうなので、あえて伏せておく。完成すれば良くなるだろうし。やり込み要素もそれなりにあって、キャラクターもそこそこ良かったので、長く遊べるゲームであることは確かだ。ゲームを作れるだけでも素晴らしいと思う。私には無理なので(`・c_,・´)

今後に期待しよう。ではこの辺で(*´,_っ`)

元素世界 ‐エレメントワールド‐の最初の記事へ
らんダンインスパイア(`・c_,・´)

トップへ 前回へ 記事一覧
AD