尾ぐされ病(´・c_,・`)

テーマ:
ペットの記事一覧
ペットの動画
[ペット] ブログ村キーワード

ペット関連は動画にする方が多くなったが、ゲーム連載の予定が今のところないので。金魚を飼い始めて5年目に入っている(ドジョウは4年目)。どこまで生きるのかわからないが、1年でも長く元気でいてもらいたい(`・c_,・´)
ogusare1
金魚は4匹いるが、一番調子を落としやすいのは大きい黄色の金魚。動画では、去年の夏ごろにエラ病を発症した金魚ということで投稿した。どちらかというと冬場の方が体調を崩しやすいのだが、今年の冬場はほとんどトラブルが無かった。が、つい先日初めての尾ぐされ病を発見。その日に撮影して動画を投稿している。どこが病気かというと、尻びれの上部が少し欠けて無くなっている。尾ぐされ病という名がついているが、尾びれだけでなく他のヒレに発症してもまとめてそう呼ぶ。
ogusare2
こちらは見た目で気に入っている健康な白い金魚だが、ヒレの形を比較すると明らか。向きが逆だったので、わかりやすいように画像を反転させた。健康なら、きれいな三角形なのだ。なお、ヒレの先だけ赤くなっているのは、もともと全身この色だったのが白く退色してヒレの先端だけ残ったという経緯
ogusare3
どっちが主役かわからないが、ヒレの状態がわかりやすかったので。面積でいうと、5分の1くらいが無くなっている感じ。
で、どうするか。発見してから数日たっても、患部に特に進行の様子もない。餌もよく食べるし、状態も普段と変わりない。ということで、薬などは使わず自然治癒に期待することにした。悪化か治癒か、変化が出たら追記したい。

尾ぐされ病について調べてみると、原因ははっきりしていて常在菌のカラムナリス菌に侵されるためとなっている。この菌は普段は問題ないが、弱った金魚に対して悪さをするらしい。また好気性ということで、酸素のある体表面を標的にし、たんぱく質分解酵素を出して溶かしていくようだ。弱る原因には、水質悪化・餌のやりすぎ・古いエサ・雑な水替え・いじめによるストレス・酸欠、などがある。該当するなら、古いエサと水替えかもしれない。エサは安いのは良いけど、多すぎて全然無くならない。もっと少なくて良いから、1週間分くらいの小分けパックでもあればいいのに。水替えは温度合わせなど雑のつもりはないが、水質調整剤(カルキ抜き)の期限が半年なのに、一年近く使っているのもあるか。塩素が抜け切れていない可能性もある。う~む・・(;-,_っ-)
ogusare5
尾ぐされ病の薬は指定のものがいくつかあって、観パラD・アグテン・グリーンFゴールド・エルバージュエースなどが出ている。うちにはアグテンがあるので、治らないようなら入れることにする(過去に入れた動画)。観パラDの方がエロモナス菌にも効くので良いのだが、コスパが悪すぎる(絶対効くなら買うけど・・愛が足りない?)。後ろ2点の粉末ものは試したことが無い。水草に使えないのがね(;-,_っ-)
ogusare4
もう一つの悩みが転覆病。赤の小さな金魚が、ここ2年くらいこの状態。朝に餌をやってしばらくすると浮き出して、夕方まで水面に浮かぶ。完全に浮きっぱなしでもないけど。体が傾くので、ひっくり返らないように維持するのが大変そう。消化が終わると元に戻る。夜には落ち着いて寝られるように、午後は餌をやらないようにしている。しかし、夏の水温が高い時には調子が良い。ならば、ヒーターを入れれば良いとなるが、熱帯魚でもないのにヒーターは使う気がしない(愛が・・)。今でも20℃はあるし。消化不良なのかと、エサを稚魚用のものに変えても、やはり浮いてしまい駄目であった。過去に塩・唐辛子・ココアといった民間療法を試したこともあったが、やはり効果なし。転覆病に関しては、これといった対策は確立されていないようだ。もはや持病とあきらめている。空腹なら浮かないので、時々餌をやらずに休ませている程度。飼育は難しいのう(´・,_っ・)-3
金魚
(追記)5月27日現在。自然治癒に任せて3か月近くたったが、体に近い部分が微妙に再生しているようにも見えるがどうだろう?(左の金魚)このペースだと、完全再生には今年いっぱいかかるのかもしれない(´・,_っ・)-3
また、5月4日に転覆病の金魚が死去。2日前に容体が急変して、そのまま衰弱死。飼育期間は4年半でした。残念(´;c_,;`)

治療関連の記事
私は金魚専門医(`・c_,・´)
薬漬け(・c_,・ ;)
AD

コメント(2)