妄執・前編(`・c_,・´)

テーマ:
次回へ 前回へ
記事一覧
ダウンロード

[プラチナ] ブログ村キーワード

クリア後なのでネタバレ注意(`・c_,・´)

ふぁ1036
光っている左上の魔法陣から探索していく。順番は固定のようだ。
ふぁ1037
入るとそこは神殿のような場所だった。思いあたりがあったのはエミール。ここはミレイア大聖堂といって、エミールが修道女として育った場所らしい。
ふぁ1038
魔法陣で行ける過去は、妄執が特に強い場所に限られる。一体どんな妄執があったのかノアが聞くが、エミールは口をつぐむ。探索すれば見えてくるかもしれない。
ふぁ1039
人々に話を聞いてみる。エミールは捨て子で、法皇が見つけて連れて帰ってきたらしい。
ふぁ1040
先へ進むためのフラグ1。

屋外で母親と子供が遊んでいる。そのうちに子供が転んで怪我をしてしまい、泣き出す。エミールが駆け寄り回復魔法を唱えると、みるみるうちに怪我は回復し、子供は泣きやみまた遊びだす。親子と軽く会話を交わしたあと、エミールはこの子はいつもおてんばで、こうやって怪我をしていたと振り返る。
ふぁ1041
兵士から、教団の風習について聞ける。探索といって、教団から無理難題を課され、外の世界で修行するというもの。そして戻ってきたものは1人も居ないという。なにやら黒いものが見えてくる。
ふぁ1043
先へ進むためのフラグ2。

すでにエミールも探索に選ばれ、外に出て行ったようだ。神父からうわさ話を聞ける。教団の上層部はエミールほどの能力がなく、それゆえエミールの存在をねたみ、追い出す計画を立てていた、と。フラグを2つ立てると、隣の法皇室でイベントがおきる。
ふぁ1044
法皇室で、1人の神官と法皇が会話をしている。神官は、みんなに慕われているエミールを探索に出すことを、断固反対している。法皇は、探索から戻れば助祭の地位を約束する、修行を終えて帰ってきたならば、ますます教団の発展に貢献してくれるはずだ、と。神官は、反対しきれず部屋を出て行く。
ふぁ1042
法皇に話しかけると、お前なら必ず探索を成し遂げられる、そして戻ってくるが良い、と言う。そこで突然ノアが何かに気づいたのか、それは永遠にありえないと言った後、いきなり法皇に魔法をぶつける。
ふぁ1045
何と法皇は魔物だった。魔物は大聖堂を乗っ取ろうと画策したが、エミールの清らかさがあまりに強く、障害になっていたという。そこで法皇を操り、内部からエミールを追い出すように仕向けたのだという。すでにエミールはいなくなり、万事上手く行った、と笑いながら悪魔は消えていった。
ふぁ1046
急いで(過去の)エミールを連れに戻そうと大聖堂を出ようとしたとき、何者かに呼び止められる。どうやら魔物たちの親玉らしい。親玉は、我々は教団の上層部に、エミールより劣っていて良いのか、とそそのかしただけという。その後は教団の上層部が、エミールの追い出し計画を立てたらしい。普段禁欲的に活動しているものほど、欲につけこまれると悪魔の考えどおりに動いてしまうようだ。悲しき人間の心の弱さといえる。そして悪魔は、邪魔者は排除すると、リナリーたちに襲い掛かってくる。
ふぁ1047
技は次の通り。

腐心する保身A HP40000
悪口、ケイオスバレットLV2、レメディ、誘惑の歌

腐心する保身B HP55000
闇を放つ、アビスLV4、ライトニングLV4、死の予言

腐心する保身C HP75000
グランドストライク、地裂波動


時空の番人が初登場。何とも不気味な姿だが、複数ボスの宿命か個々の力はあまり強くない。一応Bがリーダー格のようで魔法のレベルが高めだが、被ダメージはたいしたことが無い。弱点は特に無いので、純粋に攻撃力の高い技を当てていこう。AとCには各種状態異常も効くようだ。
ふぁ1048
番人たちを倒し、(過去の)エミールを追いかけようとするリナリーたちを、もう十分ですと制止するエミール。エミールは元より、教団の計画をわかっていて出て行ったそうだ。そしてその後、教団は滅び去ったことも風のうわさで聞いたという。なので、この世界では教団は滅ばずにすんだだけで十分、(過去の)エミールもそのまま行かせてやってくれ、最初から戻るつもりはなかったので、と。
ふぁ1049
こちらの世界でもその後、ファイアロックマウンテンでリナリーたちに会うに違いない。司祭様があのように指示してくれたおかげで、リナリーたちに会うことが出来た。これこそ神のお導きなんだ、と笑顔で話す。その考え方は、リナリーにも似ているようだ。
ふぁ1050
リナリーにも同調されここまでよく頑張った、と励まされる。すると、悪魔によるものとはいえ教団から裏切られたこと、教団が滅ぼされたこと、リナリーたちに出会えたことなど、色々な思いが一気に吐き出されたのだろう。これまで気丈に振舞ってきたエミールが、人目もはばからずに号泣してしまう。
ふぁ1051
しばらくのち、落ち着いたエミールはこれで吹っ切れたようだ。エミールの妄執は解決した。次の仲間の過去に向かうことにしよう。(疑問点。本物の法皇様は操られていたのだろうか、そして所在は・・)
ふぁ1052
次の魔法陣は左下。
ふぁ1053
今度はスノープレーンのような雪国。小屋の前に二人で話す姿が見える。片方はダークエルフの女性のようだ。
ふぁ1054
男のほうはミスリルだった。今度はミスリルの妄執の世界に入ったようだ。会話からして二人の関係は悪くないようだが、ダークエルフの女性に立ち入りを拒否されてしまう。女性の名前はプラチナというようだ。ミスリルは、また明日出向くということで去っていった。
ふぁ1055
事情を知らない仲間たちにミスリルが説明をする。プラチナはミスリルが唯一思いを寄せた女性で、とても清らかな心の持ち主。だがダークエルフという見かけのせいで、村人からひどい迫害を受けていたという。それに耐えながらひっそりと暮らすプラチナを見るに耐えなかったミスリルは、何としても自分が守りたい、と毎日通い続けたのである。
ふぁ1056
しかしある晩、プラチナの小屋に何者かが火をつけ、プラチナはそのまま焼き殺されてしまったという。その犯人が村の者であることは、すぐに予想がついたという。だが、プラチナが死んでも誰も悲しむことがなく、それどころか悪魔が死んだとお祝いまでされたという。それに失望したミスリルは村を飛び出し、大切な人を失う悲しい思いをしないために、ひたすら修行の日々を送ったという。
ふぁ1057
この世界に来た目的はただ一つ。今度こそプラチナの死を阻止し、守ることとミスリルは宣言した。仲間たちも同調し、村の様子を見た後、焼き討ちに来る村人を返り討ちにする作戦をとる。
ふぁ1058
村人は、各々プラチナのことを悪く言っている。この村で生まれた者の名前は、村全体が総出をあげてつけるそうだが、プラチナには呪われた名前がつけられたそうだ。プラチナ、なら呪われているとは思えないが・・。
ふぁ1059
3人組は、プラチナ殺害計画を立てている。プラチナを殺せば、領主から報酬がもらえるらしい。村人全員に話しかけると、イベントが進む。
ふぁ1061
村の実態を知ったリナリーたち。このままでは、誰か焼き討ちに来てもおかしくない。夜を待って小屋の近くに潜んでいると、1人の男がやってきた。明らかに放火しようとしている。すかさず割って入り、男の前に立ちはだかるミスリル。男は矛先をこちらに向け、襲い掛かってくる。
ふぁ1061
技は次の通り。

感傷の干渉 HP220000 
無影斬、薙ぎ払い、クリティカル、猛烈なスピード、逆襲


名前がシャレのようだが、偶然だろうか。感傷の干渉は初っ端に、自身を火傷状態にしてくる。そのせいで、毎ターン11000ずつHPが減少していく。わざわざ不利な状況にする理由は、特技の逆襲にある。逆襲は火傷状態だと、威力が飛躍的に上がるため即死級のダメージになってしまう。火傷は打ち消すことが出来ないので、物理重視の装備やプロテクションLV2などで防御を固め、ガードしていよう。あとは臨機応変に回復や蘇生をしていれば、勝手に倒れてくれる(とどめは必要)。攻撃に火傷がついているので、イフリートの守りで防止してもよい。弱点はなく、火・氷が無効である。
ふぁ1062
戦いが終わると、騒ぎに気づいたのかプラチナが出てくる。リナリーたちは気づかれる前に、慌てて崖の上に登る。そこへ、過去のミスリルがやってくる。プラチナに、一緒に村を出よう、どんな迫害があっても俺が守ってみせる、と誘う。
ふぁ1063
プラチナもミスリルの熱心な申し出に、誘いを受ける。そして、二人は村を出て行く。これで、ミスリルは過去の妄執を断ち切ることが出来たのだ。
ふぁ1064
最後に仲間たちから、名前について尋ねられる。プラチナと言う名前はあざ名で、本名は捨てたらしい。さまざまな迫害に耐えられるような強い名前にしたという。
ふぁ1065
そしてミスリルもまた、焼き討ちをきっかけに本名を捨てたという。このような仕打ちをする村につけられた名前は名乗りたくなかったらしい。ミスリルという名もまたあざ名で、大切なものを守り抜く、固く朽ちること無い強さを持つ、と言う意味で作ったという。
ふぁ1066
妄執を払拭し、今の仲間は絶対に守って見せるとプラチナに誓うミスリル。さぁ、今度はみんなを助ける番でござるよ。(疑問点。過去では1人称が俺でござる無し。いつから拙者+ござるになったのか)
ふぁ1067
イベント後、ミスリルに特殊な技が追加される。今後ミスリルが戦闘不能になると、その瞬間必ず反撃して大ダメージを与えられるようになる。(画像は破壊のオーブ装備)


次回は「妄執・後編(`・c_,・´)

残りのキャラの過去をのぞく。つづく(`・c_,・´)


トップへ 前回へ 記事一覧
AD