薬漬け(・c_,・ ;)

テーマ:
ペットの記事一覧
ペットの動画

今月上旬頃の話。前回ペットの項で、一匹の金魚が体調を崩したと書いた。その時は一時回復したように見えたが、再びおかしな動きをするようになった。どうもエラを異常に気にしてる様子だ。何かが引っかかって、取ってくれ~というような動き。たまに口を激しく開け閉めしたり、壁にコンコンぶつけてみたり。夜は上には行かなくなったが、砂利の上に乗ってしまう。まだエラ病が完治していなかったようだ。
ぎょび1
先月リフィッシュを買ったが、加えてアグテンと観パラDを買った。考えられる病気に効く薬を全て試そうということだ。どれも1000円から1500円くらいの間で安くは無いが、今後のための常備薬にもなる。この3つがあれば、ほとんどの病気に対応できるだろう。

アグテンは主に白点病・水カビ病などの原生動物用。水草入りでも使えて、コストパフォーマンスもまあまあだ。ただし薬効が短い。観パラDはカラムナリス・エロモナスなどの細菌用。これも水草OKだが、コスパが悪いのが欠点。60cm水槽で、たったの2回分だ。リフィッシュはコスパは最高だが、計量が難しいのと水草に使えないという弱点がある。観パラDのコスパとリフィッシュの水草不可が改善されれば、理想的なのだが。
ぎょび2
最初に試したのが、アグテン。ドジョウにもわずかながら白点のようなものがでていたので、白点の線をつぶしていく。水草を出したくないのもあったが。一番深刻なのが、上から3匹目の大きい黄色金魚。エラ蓋の表面が赤くて痛々しい。ストレスのせいかウロコも2枚くらいはがれている。エロモナスの線も考えられるが、はっきりわからない。
ぎょび3
アグテンを投入する。マラカイトグリーンという成分が入っていて、名前の通り青緑っぽい色になる。バスクリンを入れたようになった。だが、この色はものの数時間で消える。光分解されたからだと思うが、特に消灯せよとの説明書きはなかった。色が透明になった時点で効果がなくなるのか、3日はつづくのかはわからないが、まぁ後者で考えるのが普通だろう。薬効は2~3日ということで、その後3日間薬浴。残念ながらあまり金魚に変化がなく、次の対応を取ることにする。今度アグテンを使うときは、消灯してやってみようか。(追記。消灯してもやはり消えました。アグテン投入動画
ぎょび4
アグテン後水替えをして、次は観パラDを投入。薬効が2週間と長いが、1週間もあれば効果は出るはずだろう。期待していたが、2日後あたりにまたも激しくエラを動かす。やっぱり寄生虫なのかなぁ?イカリムシやウオジラミなどは見当たらないので、ギロダクチルスやダグチロギルスのような吸虫病か。観パラを入れてまだ間もないので迷っていたが、日本動物薬品さんのサイトにエラ病には薬を混ぜて使うのが有効と書いてあるではないか。薬の説明書には他の薬品との併用は避けること、と書かれていたが。どっちなんですか日本動物薬品さん!?(てか、私のはGEXさんのだった・・でも中身一緒だよね?)まぁ他のアクアリストさんが併用してる例もあったので、リフィッシュをそのまま追加することにした。薬同士混ぜ合わせるよりは抵抗ないし。薬と塩の併用もよく見かけるが、どこかのサイトにリフィッシュと塩は薬が毒化するって書いてあったので、やりづらい。これもはっきりしないけど。どちらにしてもリフィッシュ投入なので、ナナちゃんこと、アヌビアス・ナナは渋々出すことに。ちなみにナナちゃんは、0.5パーセントの塩水浴はへっちゃらだった。これは結構ポイント。
ぎょび5
てなわけで、混合薬浴して1週間。リフィッシュ後は金魚が落ち着き、夜も大人しくはなるが、ヒレをしっかり立てて中空に浮かんでいる。結局はっきりとした原因はわからなかったが、とりあえずよしとする。寄生だったら、ナナちゃんが持ち込んだのかなぁ?エラの赤みはまだ消えてない。これは何ヶ月も前からなので、傷跡のようなものかもしれない。見た目はともかく、元気だったらそれでよいのだ(*´,_っ`)

現在は薬浴は終わり、通常モード。
再発しないことを願うばかりである(`・c_,・´)
リフィッシュの投入方法「私は金魚専門医(`・c_,・´)

次は「ナナちゃんの春(*´c_,`*)
AD

コメント(2)